FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

俺とお前 7

わからない事が判明したのでこちらを替えます

Y・・・ヨンファ
JH・・・ジョンヒョン
JS・・・ジョンシン
M・・・ミニョク

ここからは、CNメインでお送りします
申し訳ございませんが、“俺とお前”と
“他のホンファ”は別世界になります
混乱するかと思いますがヨロシクお願いいたします

∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆

ネットの騒ぎも少し落ち着いてきた
俺達は安堵した、もちろんFTの方も同じだろう

M「ヨンファひょん、良かったですね?後もう少しでホンギひょんに会えますね♪」
Y「うん・・・・そう・・・だ・・・な・・・」
JH「どうしたんですか?浮かない顔ですね?」
JS「そうですよ?もう少しで前の生活に戻れるようになるのに」

ほんとに良いんだろうか?
もう少し待てば前の様に逢っても・・・
考え込んだ俺にメンバーは一様に心配そうに見ている

Y「悪いな?心配かけて・・・」
M「気にしないでください!」
JS「そうですよ?僕達は仲間じゃないですか?」
JH「仲間なんですから、今度からはちゃんと相談してくださいね?
変な事・・・考えてないですよね?」
Y「わかったよ・・・ちゃんと話す」
JH「絶対ですよ!後ホンギひょんとも話してください。ひょんは自分で抱え込みすぎなんですから」
Y「・・・・・・・・・・」

ジョンヒョンに考えが見透かされているようでビックリしたが、笑顔を見せて無言で部屋に入った

M「ひょん絶対何か考えてるよね?」
JS「うん・・・僕達じゃ、力になれないのかな?」
JH「う~ん・・・その前に、なんと無くホンギひょんと何か有ったんじゃないかと思うんだけど・・・」
M「ホンギひょんと?」
JH「うん・・・ホンギひょんの名前が出ると黙って考え込んでる気がするんだ」
JS「今も黙って部屋に入っていきましたもんね?」
M「ホンギひょんに聞いてみる?」
JS「本人に聞いて良いのかな?」
M「だって、ホンギひょんメンバーにひょんとの事自分から話すとは思えないじゃん?」
JH「だったら、余計に俺達が聞いたところで教えてくれないだろ?」
JS「そうですよね・・・だからといってひょんが教えてくれるとも思えないですよね?あの状態じゃ・・・」
M「じゃあ・・・FTの誰かにホンギひょんの事聞いてみて、ホンギひょんがいつも通りなら僕達の思い過ごしで済むし
違うなら、あっちのメンバーと連携して考えれば良いんじゃない?」
JS「そうだね?ミニョクあったま良い♪」
JH「っで?誰が適任だ?ジェジ?」
M「う~ん・・・ジェジひょんも良いと思うけど、スン辺りは?」
JH「あぁ~スンか・・・
確かにスンならおかしければ何気に聞き出そうとするだろうけど・・・
どっちだろうな?」
JS「ミナリが聞き出しそうな気がするけど?」
M「どうする?ジェジひょん?スン?それともミナリ?」
JH「ホンギひょんの細かい変化に気付きそうなのはジェジかスンだろうけど
聞き出すなら3人は適任だよな?」
M「めんどうだから、ヒョニひょんがスンにジョンシンはジェジひょんに聞いたみたら?僕はミナリに聞くから
そうすれば、もしホンギひょんがおかしければ聞き出すのに3人でどうにかしてくれるかもしれないでしょ?」
JH「そうだな?じゃあ聞くか?」

各々電話をしてホンギの事を聞いてみるが
3人ともやはり
“ホンギひょんは元気がないけど何が有ったのかは知らない”
と返ってきた
僕達の気持ちを話して、FTの方でもどうにか考えてもらった

☆∞☆∞☆∞☆∞☆

~ ヨンファ ~

部屋に入ると、どうしたら良いのか考えていた

あの時は確かに少しの間距離を置けばいい気がしてたけど
今はほんとにこれで良かったのかと不安になった
距離を置けば置くほど、戻るのが難しい事に気付いたから
戻ってまた撮られたら今度は今回以上に騒ぎになるだろう

次はネットだけでは済まなくなる
百歩譲って、俺とホンギの事はしょうがないとしても
ミニョクとジョンシンやFTの奴等にまで飛び火するかもしれない
せっかくアイツ等が隠し通しているのに、俺達のせいでバレたら顔向けできない

この数日何度となく頭をよぎる“別れる”という選択肢

“じゃあ、ホンギをあきらめられるのか”

と自問自答すると

“無理!!”

という答えに行き着いてしまい
無限のループから抜け出せない・・・

トントン

JH「ひょん・・・そろそろマネが迎えに来るから準備してくださいね?」

ドアの向こうから声を掛けられ

Y「あぁ、わかった」

とだけ答え、仕事の事だけ考えることに


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


最後まで読んでいただき、ありがとうございます
もし宜しかったらポチッとお願いします

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




  1. 俺とお前
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.