FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

俺とお前 4

最初に謝ります

1と内容が被ります
でも、少しだけあの時にヨンファが何を考え
あの考えに至ったのかを説明したくて・・・

∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞

なんだろう?
なんとなく、ホンギが上の空な気がする

俺を見ている様で・・・
でもその後ろを見ているようなぁ・・・
俺の話に相づちを打ち、微笑んでいるが
たまにその相づちがズレたり・・・

ホンギの様子がおかしいとは思っているが
それよりも、久し振りに逢えた喜びの方が大きく
そのまま話続けた

Y「・・・・・っでな?気付いたら俺どうも、目を開けたまま寝てたらしくて
メンバー達、一生懸命俺に話し掛けてたみたいで
“寝てた”って言ったら3人共目を丸くして心配してくれたんだけど
ミニョクに“小学生みたい”ってからかわれたんだよ・・・って聞いてるのか?」

顔をのぞき込み

Y「ホンギ?どうかしたか?」
H「あっ?・・・イヤ、いろんな人が
居るんだなって思って・・・」
Y「はぁ?」
H「ほらっあそこの男必死に口説いてるのに、
女の方は乗る気がないって感じじゃね?」

ホンギの言葉に周りを見回す
だが俺達以外は・・・

H「何だよ?知り合いでも居たのか?」
Y「お前、大丈夫か?」
H「何がだよ?」
Y「この店には・・・
俺達とあそこで1人で飲んだくれてるオヤジだけだぞ?」
H「えっ!?そんなわけなっ・・・」


シーンとした店内にグラスから氷が溶けて落ちる音だけが響いた

H「俺・・・」
Y「疲れてるよな?悪かったな?
そんな事考えないで飲みに誘って」

俺と同じでホンギも寝れなかったみたいだな・・・
ホンギも同じ気持ちだったのが嬉しい
口元が緩むのを隠そうと下をむく

H「何言ってるんだよ?俺はどんなに疲れてても
お前に逢えるのが嬉しいんだからなっ?
///そ、そりゃぁ・・・寝ちゃったのは悪かったけど・ ・・」
Y「////ありがとう・・・でも、無理はするなよ?」

顔を赤くして、無言で2人飲み始めた・・・

嬉しいけど・・・
なんだか俺がホンギをダメにしてるんじゃないかと
不安になる・・・
ホンギに言ったところで笑い飛ばされるのがおちだろう

さっきのテレビ局の外での出来事が
またもプレイバックする

もしかして・・・ホンギ?
最近目を開けて寝る事が有ったんじゃないか?
しかも、テレビか何かで・・・
だからあの子が俺のせいだって言ったのか?


Y「あのさぁ…」

俺の方を見ず、真っ直ぐ前を見据えたまま
ヨンファが話出した

Y「俺達・・・少し距離置かないか?」
H「えっ!?・・・なんで・・・?」

今にも、大きな目から涙が溢れそうなホンギを見たら
気持ちがブレそうで、前を見ながら話続けた

Y「俺もお前も忙しいから、
寝る時間を削って逢うしかないだろ?
これから先もさっきみたいに、
寝てしまうかもしれない ・・・」
H「さっきの事は悪かったよ・・・
ほんとに悪いと思ってる・・・だけど」
Y「あぁ・・・お前が言いたい事はわかるよ・・・
別にさっきの事を責めてるって訳じゃないんだ ・・・」
H「じゃ、じゃあ・・・な、なんでだよ・・・?」
Y「泣くなよ・・・ もしかすると
さっきの姿は俺だったかもしれない・ ・・
さっきの言葉を聞いたのが俺だったから良かったけど
よく知らないヤツが聞いたら
お前がヤバイ薬でもやってるんじゃないかって
噂が立つかも知れないだろ?」
H「だからって距離を置くのは違うんじゃねぇか?
それとも、誰か好きなヤツが出来たのか?」
Y「別に・・・好きなヤツが居る訳じゃ・・・」
H「じゃあ、何だよ?」
Y「兎に角・・・お前が心配なんだよ!
じゃあ、帰るから!」

そう言うと耐えられなくなって店を出てしまった
そこからどうやって帰ったのかは記憶にない

朝差し込む陽の光りに起こされる・・・
昨日、ケータイを充電するのを忘れたのか
ボタンを押しても反応がない
充電器に差し、顔を洗おうと部屋を出る

顔を洗い、洗面所から出てくると
ミニョクが眠そうな顔で部屋から出てきた

M「ひょん?ケータイがずっとなってるよ?」

しばらく鳴っていたケータイ
今はもう鳴っていないようだ・・・

なんと無くは相手はわかっている・・・
きっとホンギだろう
昨日は“心配なんだ”と言いながらも
その場に置いてきてしまったのだから・・・

キッチンで、水のボトルを冷蔵庫から出し
1口飲み、そのまま部屋に戻った

着信履歴を見ると、ホンギの名前が並んでいた
留守電が入っていて、確認すると

H『ヨンファ・・・ヒック・・
これ聞いたらヒック・・電話くれ・・ヒック・・』

涙声のホンギ・・・
ケータイを握りしめ、動くことが出来なかった

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



最後まで読んでいただき、ありがとうございます
もし宜しかったらポチッとお願いします

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




  1. 俺とお前
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


comment

Re: こちらでは初コメです☆

  1. 2012/04/23(月) 21:11:17 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
kazuさん、コメありがとう(*≧∀≦*)

ほんとにねぇ・・・きっと思ってる事をすべて話せば
少なくても、ホンギを泣かせずに済んだのにね?

ごめんね?この2人もう少し辛いと思いますΣ( ̄ロ ̄lll)

Re: えりちゃん

  1. 2012/04/23(月) 21:01:47 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
コメありがとう(*≧∀≦*)

うん、ホンギのこの先が心配なんだよ!
あの子きっとホンギのペンだろうから・・・
だからホンギ達に迷惑が掛からないように
“距離を置こう”って言ったんだと思うよ

ホンギ、泣かせてごめんね?

> 上手く解決できてまたもとに戻ってほしいな(泣)
うん、そうなるように頑張ります

こちらでは初コメです☆

  1. 2012/04/23(月) 00:08:13 |
  2. URL |
  3. kazu
  4. [ edit ]
ヨンファ~、ホンギが泣いてるよ(/_;)
距離を置くにしてもちゃんとホンギが納得するように言ってあげて…。
お互いにちゃんと話せばもっと何かいい方法があるはずだよ(>_<)
このままじゃ二人とも辛すぎます~(TДT)

  1. 2012/04/22(日) 23:05:04 |
  2. URL |
  3. えりい
  4. [ edit ]
ヨンファはホンギのことが心配で距離を置こうとしてるをだよね。
あの女の子のこともあるし。

でも、ホンギが泣いちゃってるよ~!

上手く解決できてまたもとに戻ってほしいな(泣)

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.