FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

俺とお前 1



 ヨンファが隣で笑ってる・・・

周りを見ると
イチャイチャカップル
会社の上司と部下
彼氏の愚痴を言い合ってるヨジャの集団
この後お持ち帰りでもなんて邪な考えで一生懸命口説いている男女
等で店内が騒がしい

ボ~っとしている俺を心配してか
顔をのぞき込み

Y「ホンギ?どうかしたか?」
H「あっ?・・・イヤ、いろんな人が居るんだなって思って・・・」
Y「はぁ?」
H「ほらっあそこの男必死に口説いてるのに、女の方は乗る気がないって感じじゃね?」

俺の言葉にヨンファも周りを見回す
だがなぜか首をひねり“おかしいなぁ”と言いながら顔を戻す

H「何だよ?知り合いでも居たのか?」
Y「お前、大丈夫か?」
H「何がだよ?」
Y「この店には、俺達とあそこで1人で飲んだくれてるオヤジだけだぞ?」
H「えっ!?そんなわけなっ・・・」

なぜかさっきまで見えた、騒がしい店内が
目の前がグラッっと揺れて、湯気のように消えてしまった

シーンとした店内にヨンファが持つグラスから“カランッ”と氷が溶けて落ちる音だけが響いた

H「俺・・・」
Y「相当疲れてんだな?目開けたまま寝るなんて・・・
悪かったな?そんな事考えないで飲みに誘って・・・」

シュンとして、俯いてしまった

H「何言ってるんだよ?俺はどんなに疲れてても、お前に逢えるのが嬉しいんだからなっ?
///そ、そりゃぁ・・・寝ちゃったのは悪かったけど・・・」
Y「////ありがとう・・・でも、無理はするなよ?」

顔を赤くして、微笑み合い
無言で2人飲み始めた・・・

“なんか話さなくては・・・”
俺は頭の中はグルグルと話を探しているのに
なぜか空回りしている・・・

“あっそうだ!”と
話出そうとしたら

Y「あのさぁ…」

俺の方を見ず、真っ直ぐ前を見据えたまま
ヨンファが話出した

Y「俺達・・・少し距離置かないか?」
H「えっ!?・・・なんで・・・?」

とっても辛そうな顔をしながら話すヨンファ
今にも、大きな目から涙が溢れそうな俺

Y「俺もお前も忙しいから、寝る時間を削って逢うしかないだろ?
これから先さっきみたいに、寝てしまうかもしれない・・・」
H「さっきの事は悪かったよ・・・
ほんとに悪いと思ってる・・・だけど」
Y「あぁ・・・お前が言いたい事はわかるよ?
・・・別にさっきの事を責めてるって訳じゃないんだ・・・」
H「じゃ、じゃあ・・・な、なんでだよ・・・?」
Y「泣くなよ・・・
もしかすると、さっきの姿は俺だったかもしれない・・・
さっきの言葉を聞いたのが俺だったから良かったけど
よく知らないヤツが聞いたら
お前がヤバイ薬でもやってるんじゃないか
って噂が立つかも知れないだろ?」

確かに・・・俺達の事をよく知らないヤツ等が聞けば
ラリって幻覚を見てる
と噂を立てるかもしれない
けど・・・

H「だからって距離を置くのは違うんじゃねぇか?
それとも、誰か好きなヤツが出来たのか?」
Y「別に・・・好きなヤツが居る訳じゃ・・・」
H「じゃあ、何だよ?」
Y「兎に角・・・お前が心配なんだよ!
じゃあ、帰るから!」

そう言って店を出て行ってしまったヨンファ
訳もいまいちわからず置き去りにされた俺

H「心配しているって言ってるわりに
なんで置いて帰るんだ?
ほんとは別の訳が有るんじゃ?」

知らず知らずの内に
涙が溢れて、テーブルの上には
小さな水溜まりが出来ていた

そこからどうやって帰ったのかは記憶にない

気付いたら、自分のベットに寝ていた

H「最悪だ・・・」

朝日が差し込む部屋に1人
実はあれは夢だったんじゃないかと
思い始めていた

それを確かめようと、ヨンファに電話するが
電源が入っていない

H「うっく・・・ふっ・・・頼むよ・・電話出てくれよ・・・
“何言ってるんだよ、それは夢だよ?”
って言ってくれよ・・・ヨンファ・・・」

ノックの音と共に、ドアが開き入って来たスンは
ベットの上で大号泣しているホンギを見て

S「えっ?ホンひょんどうしたの?
あっ!ちょっと待ってて?」

と言ってドアを閉める個と無く
どこかへ行ってしまった・・・

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

あんにょ~ん♪あんとんです(*≧∀≦*)

なんだか、おもっきし暗い話を書き出しちゃって・・・

すみませんm(._.)m
ちょっと、私の気分的に落ちちゃっていて・・・
これを書き進めればきっと・・・たぶん?
幸せな話になるはずです

何か幸せな話が思い付いたら書きますが
“俺とお前”で一応書き進めて行こうと思います




最後まで読んでいただき、ありがとうございます
もし宜しかったらポチッとお願いします

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




  1. 俺とお前
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


comment

Re: タイトルなし

  1. 2012/04/21(土) 10:41:10 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
Kaoちゃん、コメありがとう(*≧∀≦*)

あぁ~そうなんだ・・・
じゃあ私は無理だね
だって、言いたいことを伝えるのが苦手だから



  1. 2012/04/20(金) 08:40:42 |
  2. URL |
  3. kaoru
  4. [ edit ]
女の方が長生きなのは、感情を表に出すから・・・
たまには 愚痴ったり 誰かに丸投げしたりも アリ
実際のあんちゃんが 悲しくならないように。。

お話は 暗いのも 割と好きです(Sかしら?)


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.