FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

色々な愛の形 27



 いつも拙い、読みにくい私の話を読みに来て頂きありがとうございます♪(*´ω`*)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 面会時間が過ぎ“明日も来るから”と言って引きずる様にチャニョルを病室から出すと、イーシン・ジョンデ・セフンと共にベクの住む家に来た

 前回慌てて出ていった為、家の中は未だ荒れていた…それを淡々と片付けているチャニョル、そこに加わるジョンデとセフン、イーシン(ジョンデに指示されないと何をすれば良いか解らないけど)

 あらかた部屋に散乱していた物は無くなり、服等は有る場所に戻された頃


SH「片付いた事ですし、ちょっと良いですか?」


 そう言って各々がソファに座るのを促し、我が物顔でベクの冷蔵庫から飲み物を出してくる

 その事を誰も触れる事無く、イーシンとチャニョルに向かって


SH「やっぱりあれは年格好が似てる人を使って撮られた物でした
 それにDVDも加工されたと判明したよ…アイツの周りの奴はよっぽど存在を消すのが上手いらしいね?wwよく聞くとブツブツ2人の会話を繋ぎ合わせて、それを使って演技させてた」
JD「よーく見る人は居ないだろうし、声は本人達のを使ってるしね…」
イ「奴らも訴えられないと思って、そんなに丁寧に加工しなかったんだろ?wwバカにされたもんだよね…チャン家も」
CY「どうするんですか?」
イ「ベッキョナの頼みだから、公にはしないけど…あの女達けっこう怨みは買ってるだろうからね?ww
 その内ボロ出すんじゃない?クスッ」


 その場に居た誰もがイーシンの言葉に震えた、笑顔で話してるのに言葉の端々に怒りがみえるから


イ「とりあえず、ジョンデはお父様にこの資料を渡して?そして、絶対に味方しない様にお願いしてくれる?」
JD「あぁ、わかった…」


 いつの間に用意したのか、N製薬とW会という系列病院の資料が入った封筒が渡された


イ「セフンは証拠の資料をコピーしてくれる?
 そして、チャニョルには申し訳ないけどこの件から手を引いて…何があってもベッキョナを守って欲しい、チャニョルにしか出来ない事でしょ?
 2人も資料を渡したらこの事はキレイさっぱり忘れて、ベッキョナはただの遊びすぎの過労で倒れたとして接して?タオやジニョン、ルゥにもそう言っとくから」
SH「タオには難しそうですけど…俺がどうにかしますよ」


 イーシンが何かしら考えてるんだろうが、今のベクを元気にさせる事が最優先と思って受け入れた


 帰宅したジョンデに友人が変な脅迫を受け、渡された資料の人が犯人という事を話すと、資料を読みだし

J父「ほぉ…これはこれはww確かに弁護しても普通には勝てないね… こりゃ、金でも積んで勝ってるとしか思えないよ・・・XACのバカ共の方が可愛いもんだアハハ、仲間にも言っておくとしよう」
JD「ありがとうございます」



□■□■□■□■□■□■



 ベクはその後すぐに良くなり、1週間後には退院ししばらく自宅療養の後登校出来るように

 自宅療養と言っても、ベクがあの家(離れだけではなく、イーシンとその両親が暮らす家)は気が休まらないだろうと、祖父母が暮らす家で暮らす事に

 何度も来ている家だが、イーシンに彼等は自分達の祖父母だと入院中教えられ緊張のしっぱなし


「あの、自分で出来ますから!」
祖母「何を言ってるの?この家に居る間は、私達に任せて♪」
「食事位自分で作れるのに…」
祖父「ワハハ、あれは何でもやってやりたいのさ、やらせてやるのもおばあちゃん孝行なんだから好きにさせてくれないか?」
「…会長がそう言うなら」
祖父「この家ではワシはベッキョナのおじいちゃんであれはおばあちゃんでしかない
 わかったな?今後はじいさんでもじじいでも好きに呼べば良い、あれはどう呼ぶか聞いてやってくれあの年で乙女な気持ちを持ってるらしいからな?ww」
「・・・・・・・はい」


 ため息をつきつつも少し嬉しそうなベクだった



□■□■□■□■□■□■



 ベクが学校に来る頃には、噂になってた先輩は結婚するからと休学していた

 そしてイーシンやジョンデ達によって噂は全くのデタラメだったと伝えられていて、ベクが学校に来る頃には噂はキレイに消えていた


 それから時は過ぎ、イーシン達XACは卒業して大学に進みジョンデ達もそろって進級した


 ベクもチャニョルにジョンデ、セフン、タオも進級する為に忙しくてあの女の事は頭の隅に追いやられていた

 イーシンを始め祖父母とイーシンの父はその時を(言葉は悪いが)虎視眈々と待っていた


「じーさん、あの女達の件始動させて」
「やっとか・・・こっちがおっ死んじゃうんじゃ無いかと気が気でならなかったわい」
「何言ってんですか…貴方は刺しても死にそうにないわよ」
「オイオイ…縁起でもない事言わないでくださいよ…
 まだイーシンは学生なんですから」
「冗談じゃよww孫の顔を見るまでは死ねんからな!」



∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞



 ここまで読んで頂きありがとうございます♪(/ω\*)
良かったらポチッとしていただけると嬉しいです♪
 もちろん、誹謗中傷じゃなければコメもお待ちしてます♪

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
↑いつもありがとうございます。


 わぁ~ギリギリアウトでしたね?すいません

 

◎誤字脱字、漢字の間違いが有りましたら教えてください!


関連記事
スポンサーサイト




  1. 花男パロ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.