FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

伝えたいけど・・・2



 いつもあまり更新出来なくてごめんなさい!

 not real、超能力設定でメンバーと同居してます。会話文多め



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 僕の能力は治癒なのに、君だけは癒せないのならこんな力は要らない



ーーーーーーーー



 家を出て急いで注文していたショップに取りに行って、ケータイで場所を確認すると
 花屋に寄って薔薇を一輪買い、ベクが教えてくれた場所に向かう





ーーーーーーーー




 ベクが教えてくれた場所は、モールの中央に有る吹き抜けの広場の様な場所


 キョロキョロと広場の端で探すと、植木の隣に有るベンチに座りボーッと上を見上げていた

 チェンにゆっくり近付き何を見てるのかと視線を上げた時、広場中央に設置されてる時計台が時を伝える音と共に内蔵の人形達とたくさんのハート形の風船が出てきた
 周りのカップルや家族連れの人達は嬉しそうに声をあげてるが、チェンは溜め息を吐きながらそれを悲しそうに見ていた


レイ「これを僕に見せてくれようとしたの?」


 そう声を掛けると、チェンの隣に座った
チェンは肩をビクッと震わせ、ぎこちない笑顔をこちらに向けた


チェ「レイひょん、よくここが解りま…あぁ~ベッキョニですか?」
レ「そうだけど・・・何で?」
チェ「あそこ・・・kkk あれで隠れてるつもりなんですかね?」


 指差す方を見ると、堂々と真正面にキャップを目深に被ったチャニョルがベクに抱きついてイチャイチャしていて
その横には全身黒尽くめのディオと寄り掛かって寝てるカイの姿


レ「ふふっ…ほんとだねぇ

 チェン、もう僕の事怒ってない?」
チェ「ひょんの事は、もう怒ってないです・・・・」
レ「良かった~
 チェン…これを受け取ってくれないかな?」


 チェンの前に綺麗にラッピングされた手のひら大の箱と薔薇を差し出すと、躊躇してなかなか受け取ってもらえない


レ「やっぱり…僕の事許せないよね?」


 明らかに落胆の色を見せるレイに、チェンは焦り


チェ「あっ、あの!ひょん、そうじゃないんです!
 自分が許せないっていうか、貰う資格が有るのかな?って・・・・」
レ「チェンは僕の事が好き?」
チェ「はい、好きじゃ言い表せないほど好きです。(///∇///)」
レ「うん(なでなで)それだけで十分貰う権利が有るんだよ?」


 チェンはその言葉におそるおそる手を伸ばし、大事そうに受け取った


チェ「ありがとうございます。 開けても良いですか?」
レ「もちろん」


 綺麗に包装紙を取り去り、箱から出てきたのはどんな洋服でも合いそうなシンプルながらもスタイリッシュな腕時計


レ「これからもチェンとずっと同じ時間を一緒に過ごして生きたいんだ、だから時計を探してたんだ♪
 それね、耐雷だからチェンがお仕事の時でも付けられるよ♪
 チェンはよく自分の能力で付けられないって言ってたでしょ?この間見付けて予約して置いたんだww

 その時ね、僕自分の番号が出てこなくて・・・一緒に居たルルとシウひょんに呆れられちゃって、苦笑いのシウひょんに番号書いてもらったんだ~」
チェ「そうですか・・・」
レ「もっと時間が掛かるって言ってたのに、急にキャンセルが出たからって♪
 昨日電話シウひょんに有った事聞いてて、今日渡せるって思ったら嬉しくなってちゃんとチェンを見てなかったよね?
 ベッキョナがね?ルルを誉めまくりで、ノロケてるみたいだったって…」
チェ「・・・・・大丈夫です。わかってますから」


 そう言って微笑んでくれてるのに、僕はその笑顔に違和感を感じていた・・・
 なんだかんだで耐えられなくなったのか、はたまた空気を読んでか、チャニョル達がやって来て茶化しチェンもそれに応戦する

 カイの“お腹空いた…”の一言で6人で近くのファミレスに入り食事して帰った



ーーーーーーー



 夜中 隣に有るはずの温もりがない事に気付き瞼を開くと、当然ながらチェンの姿は隣になく
 部屋を見回してもチェンの姿は何処にもなかった
トイレかとベットに座って待つも、ぜんぜん帰ってこない

 チェンの姿を探そうと部屋を出て、トイレ、お風呂場と探し、リビングに入ると なんとなく風を感じる・・・

 窓側を見ると、ベランダに出る窓の前のカーテンが揺れていた


レ「誰か閉め忘れたのかな?・・・チェン……」


 ベランダに座り込み空を見上げながら“あー”とか“う~ん”と言い溜め息をつくチェンの姿が



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 ここまで読んで頂きありがとうございます。よかったら、読んだよ~のポチッ等の意思表示をおねがいします♪


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
↑いつもありがとうございます♪

 あんにょ~ん♪あんとんです(^o^ゞ

 レイレイから贈られた腕時計ですが、耐雷機能が有るのかは不明です(妄想話の為、私が勝手に作り出した物です)

 すいません、時間に間に合いませんでしたね?しかも続きます。
 また明日か明後日にあげれる様頑張ります。
ちょっとラストに迷ってて・・・チェンをスッキリさせるか、batにするか

レイレイの気持ちを伝える部分がすっぽり抜けていた為、3/20 9時追記させて頂きました。
関連記事
スポンサーサイト




  1. 短編
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.