FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

色々な愛の形 4



 対決のシーンについてお知らせします。

 歌対決の曲は、私の独断と偏見で彼らの曲から選ばさせて頂きました。

 スピーチに関しては、おもいっきり翻訳機の頼りですのでおかしい箇所があるかもしれないですが、目を瞑って貰えると嬉しいです。

 おもくそ長いです。


 以上3点をご了承くださいm(。≧Д≦。)m




■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □



 バイトが終わり休憩室でケータイを開くと、ベクからのメールの通知

『テスト、死ぬ気でやれ!!相手は最強だぞ!』

 首を傾げながらメールを閉じた


「何言ってるんだ?アイツ等に負けると思って…あぁ~カンニングか?」


 そんな独り言を言ってると、着替えていた一緒に働いていたミンソクが


「どうした?」
「今度XACと勝負するって言ったじゃないですか?その勝負内容にテストの合計点数が有るんです。
 赤字ばっかのアイツ等がよく提案したなと思っていたんですけど、ベクからメールで“テスト、死ぬ気でやれ!相手は最強だぞ!”って来たんです。
 アイツ等がカンニングするって情報があるんですかね?ww」
「それもあるかもしれないけど、それよりイーシンの事じゃないか?
 アイツならお前といい勝負だろうからな?」
「ベクのひょんですか?」
「あぁ、まあ他のヤツ達だって真面目に受ければいい点取れるだろうけど・・・」
「そうなんですか・・・」
「たぶん、幼少時代から勉強漬けだったから、真面目に授業やテストを受けるのがバカらしいんじゃないか?中学生が小1の授業を受けてる感じ?」
「なるほど!」


 ミンソクの話に感心しながら裏口から出ると、バラバラに帰っていった




■□■□■□■□■□■□■□■□■□




 テスト最終日
テストが終わった高揚感で、お祭り騒ぎの様にほとんどの生徒が講堂に集まった

 彼らの目的は、XACにたてついたジョンデが完膚無きままに殺られるところが見たいから


 舞台にはジョンデとチャニョル
小さな機械が演説台の横に置かれていた


 講堂内の誰もがまだかと騒ぎだす頃
バーンと大きな音をさせて講堂に入ってきた4人

 講堂に居た誰もがキャーと騒ぎだすが、3人じゃない事に余計に大きい気がした


「イーシンひょんまで来たんだ?珍しい事もあるもんだね~♪」
「という事はやっぱりテストの対戦相手はイーシンひょんなんだね?
 ヤバイ、すっげぇドキドキしてる!」

「オイッ、さっさと始めるぞ!」
「まぁまぁ、お待ちを♪」


 ヨンファがさっさと片付けようと言い出すが、チャニョルのハッピーウイルス全開の笑顔でマイクを持ち出し


「レディース&ジェントルメン、お待ちかねのXAC対キム・ジョンデの4番勝負を開催いたしまーす♪」


 チャニョルの開会宣言に講堂の観客達は、割れんばかりの拍手とXACへの歓声を送っていた

 片手を上げ声を止めると、演説台に置いてあった抽選ボックスを持ち出し
 たまたま目の前に座っていた1人の目付きの悪い男子を手招きして、引けと言うようにボックスを差し出した
 躊躇しながらも素直に手を入れ1枚の四つ折りの紙をチャニョルに渡した


「ハイ♪ありがとう、ご苦労様
 第1試合が決定しました♪まずは、歌対決でーす
 という事で、XACからは誰でしょうか?」


 ジニョンが前に出ると、静かだった講堂が歓声で揺れている様

 それぞれが自身がある曲をチャニョルに伝えると、公平を期す為2人はじゃんけんをする

 ジニョン、ジョンデの順となった

 ジニョンは“BE MY GIRL”をしっとりと歌い上げ、会場内からは啜り泣きとため息が漏れた

 ジョンデは“12月の奇跡”を歌いきり、水を打った様にシーンと静まり返った


 結果は2人には見せず、XACの3人とチャニョルが確認してボードに名前と点数を書き、ジニョンのを演説台に伏せて置いておいた

 ジョンデの点数が出ると、ボードに書き写し各々が裏返しで持たせ舞台前方に立ち


「ハナ、トゥ、セッで頭上に掲げて下さね?
 ではいきますよ?皆さんも一緒に♪せーの!

 ハナ、トゥ、セッ!!ジャーン♪

ジニョン[97.835]ジョンデ[97.853]

 まずは、ジョンデが1勝です!」


 チャニョルの言葉に一瞬シーンとするが、ブーイングの声があちこちから聞こえてきた

 悔しそうな表情のジニョンにヨンファとルゥハンは肩を叩き慰めていた


 チャニョルによって次の種目を決めるべく、会場内を見渡し客席中央に座る色白の男子にボックスを差し出し引き当てた紙を開かせてマイクを差し出し


「ハイ、じゃあそこに書いてある事を読んでください」
「えっ?・・・・理想の女性像と恋愛観についての英語スピーチ?」
「第2試合は理想の女性像と恋愛観についてのスピーチで~す♪」


 そう言うと、舞台に急いで戻り2人をある教室に連れていった。

 2人別々の教室に入り、訳も解らずに協力させられてる教師2人がスピーチを録音させ、本人に1度聞かせ証明書にサインさせて廊下で待つチャニョルに渡した

 2人はその場でアミダをして順番を決めると、講堂に戻った


 順番通りにパソコンから流した、但し声は女性に変えられていた


ヨ「Age is close, there is a charm that I do not have my ideal, it is people who have that you must learn to have a beautiful eyes shining.
I want to confess from their own. I want to say directly rather than e-mail or phone.
But, I think is more important than love is friendship.
I think to protect an appointment with friends, pick out only one either of friendship and love is not easy, but it may be the impossible is not a person who understands the thought such my absent

(私の理想は 年齢が近く、私が持っていない魅力があり、輝く美しい目を持ち学ばなければならない事を持っている人です。
 私は自分から告白したい。私はメールや電話ではなく直接言いたい。
 ですが、私は友情が愛よりも重要であると思います。
私は、友人との約束を守り、愛と友情のどちらか一つだけを選ぶのは容易ではないと思いますが、私のこの様な思いを理解してくれる人でないと不可能なのかもしれない)」

ジョ「 My ideal is very simple. And I like eyes when you laughed beautiful women.
I, I think it is important that you act in order to spend happily with each other.
Because I think passing is it may occur with each other for that, but it might be a fight to the different opinion of the other party, but to be able so to love more, I think it necessary to discuss also for that.

(私の理想は非常にシンプルです。女性の美しく笑った時の目が好きなんです。
私は、お互いの幸せに過ごせるために行動することが大事だと思います。
 その為にお互いにすれ違いが生じるかもしれないですが、相手の違った意見にケンカになるかもしれないが、それでより愛することができると思うので、そのためにも話し合う事が必要だと思います。)」

「みなさん、聞き取れましたか?ww」

 チャニョルがそう聞きながら客席にマイクを向けると、ある程度を聞きとれた人達の歓声と未だ友人に訳を聞いてる人等が居た

「ではでは、お手元のスイッチをお持ちください!1番の人が良かった人は1のボタン、2番の人が良かった人は2のボタンを合図の後1分以内に押してください。
 いきますよ?せーの、押してくださ~い!」


 舞台正面のスクリーンに映し出された回り続ける数字

 どっちがジニョンか本人達とチャニョルしか解らないので、数字の操作も出来ずそのままの数字が映し出された

 まだ舞台上の人には見えていなく、2人は発表の順番が書かれたボードと手にそのまま、他の4人が振り返り確認するとチャニョルが2人にボードを上げさせ


「1番57票、2番275票でした。と言うことで、今回の勝負もジョンデが勝ちましたぁ♪」


 会場内の誰もがXACが選ばれない事に苛立ちを持っているが、何せ第2試合は自分達が選んでるだけになんとも言えないよう


 シーンと静まり返った会場に扉が開く音が響く、ベクがイーシンとジョンデのテスト用紙を持ち入ってきた


 お互いにテスト用紙を見せ、不正が無いことを確認させて自分の点数を計算させ、点数だけを書き出した用紙をヨンファとルゥハンに渡し計算させ相違無いと確認の後


「第3試合目はテストの点数です。
 イーシンひょんは9科目の合計点数が897点、ジョンデの9科目の合計点数が896点でした
 という事で、第3試合はXACの勝利です!」


 チャニョルの言葉に会場中が歓喜の声に震えた
 次の試合はPK対決の為講堂に居た誰もがグランドへと出ていった


 キーパーはミンソクとサッカー部のスタメンキーパーで各々がクジで選び
ルゥハン対ミンソク、ジョンデ対サッカー部員となった

┏━━━━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃    ┃1┃2┃3┃4┃5┃
┣━━━━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃ルゥハン┃Χ ┃Χ ┃〇┃〇┃〇┃
┣━━━━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃ジョンデ┃〇┃ Χ┃〇┃Χ ┃〇┃
┗━━━━┻━┻━┻━┻━┻━┛


 同点の為どちらかが失敗したらお終いとなり
ジョンデのビギナーズラックなのか、ミンソクの教え方が良かったのか
 ルゥハンが10回目で失敗するまで続けられジョンデが3勝の為ジョンデの言うことを聞くことに


「ジョンデくんだっけ?1つお願いがあるんだけど、絶対にこの学園を辞めないでくれないかな?」
「えっ!?」
「ベクとチャニョルが認めた君だもん、2人には家がどうって事で左右しない大切な友達を無くさせたくないんだ
 だから約束してくれたら、僕達も最大限の努力をするから・・・ね?」
「・・・・わかりました」
「ひょん、疲れた!」
「そうだねぇ~じゃあラウンジでお茶にしよう?ジョンデくんとサッカー部の2人もどうぞ♪」


∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞



ここまで読んで頂きありがとうございます♪(/ω\*)
良かったらポチッとしていただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

 どうもあんとんです♪長くて読み辛かったらすみません!
 あいかわらずの夜中のテンションなので、誤字脱字、漢字の間違い等が有りましたらお知らせください。


 ジニョンが歌った曲は、B1A4のアルバム“IN THE WIND”の掲載曲でジニョンのソロ曲を、ジョンデは去年(2013)の年末のEXO活動曲を選ばさせて頂きました。

 個人的に好きな曲ですので、機会が有りましたらYouTube等で聞いてみてください♪



関連記事
スポンサーサイト




  1. 花男パロ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


comment

Re: イーシンは

  1. 2014/08/18(月) 12:55:34 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
みーちゃん♪こちらもありがとう♪

イーシンに関しては、他のXACのメンバーみたいに人と関わりを持とうとしてないので
害はないですからね?ww
惨敗にはしたくなかったので、1点差にkkk
ジョンデにしても、3人に負けるのはイヤだろうし
イーシンならしょうがないと思えそうかな?とww

辞めちゃったら、ベクが悲しむからイーシンが頼んでみました♪( v^-゜)♪
ボーッとしてるけど一応兄なのでね?ww

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/08/17(日) 09:19:05 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

  1. 2014/08/13(水) 15:18:38 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
日色さん、コメありがとう♪

なんとか勝てました♪
きっとジョンデの願いは退学する事だと思ったので、弟大好き?イーシンに阻んでもらいました♪
ジョンデ自身も、XACを見る目が変わってきてるのではと
お金ですべて解決してると思っていたが、やれば出来るんだと解った?

お茶会?私も潜入したい!←
ミンソクはドーンとしてそうですが、部員はどうでしょう?
彼も学園の生徒ですし、XACのラウンジに入れるなんて
自慢出来ると思っているでしょうし、もしかしたら仲良くなれて…という妄想がkk

今続き頑張って書いてますので、しばしお待ちを~♪

  1. 2014/08/13(水) 09:52:45 |
  2. URL |
  3. 日色
  4. [ edit ]
…おお!勝った!
でも、さらっとお願い聞いちゃうところがチェンですね(笑)
おお、お茶会?!ティー会?!私も参加し…←

サッカー部員とお茶会…
シウちゃんはいいとしてもう一人のサッカー部員は萎縮しちゃいそうですね(笑)

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.