FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

奇跡はおきると思うよ? 15


 実際の年齢順ではありません
この話はひょん等の表現があまり無く、ほぼタメ語で繰り広げられます。

 セフンの言葉が違い過ぎて、違和感を覚えるかも?
それでも大丈夫という方のみお進みください。



8話現在の年齢です。

ミンソク、ルゥハン、イーシン…26歳
ベク、ギョンス…25歳
チャニョル、ジョンデ、セフン、タオ…24歳



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 七夕の事が有ってからも、ジョンデやセフンには仕事が有るし
心の落ち着きを待ってはくれないまま気付けば2ヶ月が過ぎていた


 それを解っているジョンデとセフンはどんどん機械的に日々を過ごした
 ジョンデは歌を歌う時だけは感情が爆発する

 その歌が切ないバラードならば涙を誘うほどに
愛しさを歌う曲ならば心がホッワンとするように・・・・


 そんな光景を何度も目の当たりにしたセフンは、ドンドンと自分が嫌になった


【ジョンデは誰を想いながらバラードを歌う?
 ジョンデの心にはずっと自分ではなく彼が居たのに
それを見ない振りして現実をジョンデに突き付けずに
 自分に縛り着けていてそれでホントにジョンデは幸せだと言い切れるのか?】


 そんな事を歌うジョンデを見ながら思っていたセフン
そう思えるのもあの厄介で僕の中ではワガママなヤツのお陰だろう

 セフンはもう自分に縛り着けるのを止めて、ジョンデを解放してあげよう
と心に誓い、ジョンデの次の休みに話し合おうと決めた



ーーーーー



 七夕から1ヶ月半が過ぎ、淡々と仕事をこなしていた


「おはよ~ございま~す♪あっ、セフナ~」


 そう言って以前と変わらずセフンに抱き付くタオだったが
 抱き付き耳元で表情は変えずに


「撮影の後で話があるから作って?」


 と冷たい声で話し掛けられ頷くと、またいつも通りの声に戻り
 取り巻きのヌナやスタッフとジャレついたりしていた





 毎度の嫌がらせか?と思う程のワガママに心底困り果てながらも
 予定時間の倍の時間で終わりなんとか息をつく


 片付けを終わらせスタッフと別れると
 セフンはタオが待つ場所に足を進めた







 タオが指定した場所は、ジョンデの両親が開いていた喫茶店跡地のレストラン

 1階のカフェでつまらなそうにケータイをいじっているタオは
 ドアの開く音に視線を上げた


「おつかれ~♪」
「お前のせいで余計に疲れたよ!!」


 苦笑いでタオに言い放つがタオは“ふーん”と言って、またケータイに視線を落とした

 注文の為1度タオから離れ、カウンターに行きカフェオレを手に戻ると


「それで?」
「セフナは今幸せ?」
「はぁ?ww意味が解んないんだけど?」
「そう?じゃあ、ジョンデは今幸せ?」

眼光鋭くセフンを見つめるタオに、おののきながらも

「・・・・・・・・タオには関係無いだろ!」
「それが大有りなんだよね~♪
 ジョンデが今幸せなら、タオもシンシンも2人の邪魔はしないつもりだけど・・・・」

 そう言うと、いたずらっ子の様に微笑み

「昨日ジョンデの所に行ってきたんだけど、ジョンデまるでロボットみたいだった・・・
 セフナもね?
 でも歌を歌う姿は凄かった♪タオもシンシンも涙する所だったよ!」
「原因はお前らだよ!
 ジョンデの心を掻き乱して、ロボットみたい過ごすのは!」
「何で?だって、ジョンデがセフナと幸せならシンシンが現れても
 生きてて良かったで終わるし、シンシンをまだ好きなら
 心のままにシンシンに落ちれば良いだけじゃないの?」

「そう簡単にはいかないのが心なんだよ・・・・
 タオみたいに心のままにはジョンデや僕は動けない」
「何で?・・・・あぁ~ジョンデがセフナに心がちょっとでも動いちゃったから?ww
 好きな人が幸せになるにはどうしたら良いか、セフナは解ってるでしょ?
 それを行動に移せば良いだけだよ?」

「タオは自分の幸せは求めないのか?」
「うん?wwそりゃもちろん、シンシンがタオを選んでくれるなら
 全力でお互いが幸せになるために動くけど
 タオがどんなに愛情を注いでもシンシンが望まなければ
 どんなに頑張っても幸せにはならないからね?」
「タオでも大人な考え方が出来んだな?
 もっと1人よがりなワガママ言って、愛情を注いだ分を返して~
 って言うのかと思った」
「シンシンに出会う前はそうだったよ?
 でもそれじゃあダメだってシンシンが教えてくれたんだ

 “片方がどんなに愛情を注いでも、片方がそれを受け取らなければ
 意味がないし、疲れるだけだよ?”

 って・・・・セフナはジョンデが幸せになれる為に努力した
 だからジョンデはセフナに癒されて元気になった
 でもそれはセフナの愛に答えたジョンデの友情だよ?
 だからどんなに愛情をセフナが注いでもジョンデは幸せにはなれない
 セフナもそれに気付いてるでしょ?」
「・・・・・・」
「ね?wwそうしたら、セフナがしなくちゃいけない事をするだけだよ?
 傷ついたらタオちゃんが愚痴でも文句でも何でも受け止めてあげるから!ww」
「その言葉忘れんなよ?」
「うん♪楽しみに待ってるよww」



ーーーーーーーー



 ジョンデの休み前、いつもの様にセフンの家に着くとシャワーを浴びて自分の場所に座りコミックを読んでいた


「ジョンデ・・・・」
「うわっ!?ビックリしたΣ(゜Д゜)
 出てきてたんだね?気付かなかったよ~」


 あいかわらずの偽物の笑顔を見せているジョンデ

 そんなジョンデの姿に、セフンは1つ大きく息を吐くと


「ジョンデはいつまでそんな風に自分にウソを付くの?」
「セ、セフナ?どうしたの?」
「僕はジョンデと幸せになれる為ならどんな事でもするつもりだったよ?
 例えジョンデの心に僕が居なくても、いつか振り向いてくれるならね?
 でも今のジョンデは、僕が知ってる…ううん、愛したジョンデじゃない」
「・・・・」


 答えられないジョンデに小さい子どもに言い聞かせるように優しく


「ジョンデの心を占めてる人は誰?」
「・・・・・・セフナ」
「ふっ…そんな事無いよ・・・
 だったらイーシンに会ってもジョンデは変わらないはずでしょ?
 亡くなった人が生きてたって判って良かったって思っても
 僕が心を占めてるんならこんなに気持ちは揺れてないし
 感情がなくなる事もないはずだよ?

 じゃあ、ジョンデが歌う時に心の中に描く人は?」
「・・・・・・」
「僕が答えてあげるよ、ジョンデの心を占めてる人はイーシンでしょ?ww
 もうジョンデは自分の心のままに気持ちを吐き出して良いんだよ?

 どうせジョンデは、僕に気持ちが動いたって事を悩んでるんだろうけど
 ジョンデの心は僕と一緒に過ごしてた時も
 僕と出会う前も変わらずイーシンが心の中に居て
 ジョンデの僕への気持ちなんて友情でしかない・・・
 だから、ジョンデは迷わずにイーシンの元に飛び込めば良いんだよ?」
「友情ではあそこまでは出来ない」
「あれは・・・・友情の最上級を表せてくれたんだと思うから
 ジョンデは気にしなくて良いんだよ

 ジョンデ、僕に素敵な夢を見せてくれてありがとう♪
 これからはイーシンと幸せになってよ?
 それが僕とタオには嬉しいからね?」
「うん・・・・・僕もセフナ、ありがとう♪」


 ここ2ヶ月見ることが出来なかった晴れやかな表情のジョンデだった



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 ここまで読んで頂きありがとうございます。よかったら、読んだよ~のポチッ等の意思表示をおねがいします♪


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


 あんにょ~ん♪あんとんです(^o^ゞ
 ダラダラと長くなっちゃいましたww
 ほんとすいません。

 やっとジョンデが認めました♪

 あっさりとここで終わらせたい気持ちと、もう少し書きたい気持ちが私の心が戦っています。


 長い説明文で、読むのに苦労しましたよね?すみません。また読んで貰えると嬉しいです♪( v^-゜)♪


関連記事
スポンサーサイト




  1. EXO
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


comment

Re: あんとんさん・・・

  1. 2014/07/17(木) 17:30:22 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
みーちゃん♪コメありがとう♪

とりあえずこれだけ言わせてください。
これで終わりにしようかな?と思ったのと、みーちゃんのコメは別です!!
みーちゃんのコメはいつも的確で、続きで迷ってる私にそっか!そういう事も有るね♪
と思わせてくれて、背中を押してくれる大切な人です!
だから自分のせいでと責めないでください!!(๑ŏ _ ŏ๑)
おかげで、この15話(14話が2つ有ることに今気付いたww)が書けたんですから!
何度も言いますが、みーちゃんのコメと願望は私の話の糧ですからね?
私自身、そんなに出来た人間ではないので、みーちゃんが思ってる様に私が思ってたら
コメ辺も「ありがとうございます。私が書こうとしてる話とは異なる様です。」
とだけ返すと思います。私が書きたいけど、どうしたら良いの?と迷っている所を判ってくれてるかのように
コメが頂けて嬉しいんです!なのでこれからもヨロシクお願いします♪ww←どこまでも人頼み

 長々と語ってしまいましたね?wwコメ辺しま~す♪

 タオはイーシンに教えられ、愛情の押し付けは幸せになれないんだと気付いたのでしょう
だから恋愛は押し付けだけじゃなく、相手の幸せは何かと考える様になり
イーシンへの恩返しにと、セフンに身を引く事を勧めたんです。
セフン自身も改善されないジョンデの表情に、自分ではどうしようもないと
薄々気付いていたんでしょうけど、だからタオは「セフナ、それでいいんだよ?」と背中を押したんだと思います

 あっ、とりあえずジョンデとイーシンがくっつくまでは書こうかな?と
タオとセフンもね?ww


> セフンに身を引く様に説得してくれてありがとうございますTT
> タオとセフンが引いてくれなかったらきっとモヤモヤしたまま
> ただただ時間だけが過ぎてたんだと思います・・・
>
> 続きをお願いします!
> ・・・と言いたいんですが・・・
> もしかして私が変な願望をお願いしすると言うあんとんさんに失礼な事を
> してしまって、書く気をなくされたのでは・・・?
> 私はあんとんさんのお部屋にお邪魔させて頂いてる立場なのに
> あんとんさんに対して
> 凄く偉そうな事をしてしまったのではないでしょうか* *;
> すみませんでした・・・m(* *)m

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/07/17(木) 16:47:02 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 白色さん

  1. 2014/07/15(火) 21:55:29 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]

こんばんわ♪コメありがとうです♪

葛藤を書いてるとドンドン暗くなって行っちゃうので
前回までのイジイジして、自分にウソをついてたジョンデ
めっちゃ素直にしちゃいました~(^_^;)

続き・・・・・まだどうするか決めかねてますのでお待ちを

  1. 2014/07/15(火) 18:41:46 |
  2. URL |
  3. 日色
  4. [ edit ]
こんばんわ!

色々葛藤はあったと思いますが
素直になれて良かった~(^^)

え?終わってしまうんですか?!
続き読みたいです~(>_<)

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.