FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

奇跡はおきると思うよ? 11



 実際の年齢順ではありません
この話はひょん等の表現があまり無く、ほぼタメ語で繰り広げられます。

 セフンの言葉が違い過ぎて、違和感を覚えるかも?
それでも大丈夫という方のみお進みください。



8話現在の年齢です。

ミンソク、ルゥハン…26歳
ベク、ギョンス…25歳
チャニョル、ジョンデ、セフン、タオ…24歳



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「良かったの?隠れちゃって」
「・・・・・僕はジョンデの中には存在して無いからね?」
「そんな事っ!!」
「いいんだ・・・・ホラッ帰ろう?今日は彼の生家も見れたから、明日探そ?」



 微妙な笑みでタオの手を取り歩き出した
タオはいまだセフンとジョンデが歩いていった方を見つめ


「タオは絶対にあの2人を許さないんだから!何がなんでも邪魔しちゃうんだから!」


 手を引く人物に聞こえないように呟き暗闇に消えた



ーーーーー


 帰宅したジョンデは空元気な笑顔でセフンへのプレゼントを渡した

 渡されたプレゼントを嬉しそうに受け取り袋を開けると、中からはセフンが使ってるカメラの最新レンズ


「スゴイ♪これ出たばっかりのレンズだよ!?高かったでしょ?」
「セフナがくれたリングよりは安いよ?きっと」
「そんな事はないと思うけど・・・・」


 実際はセフンが買ったリングの値段の2倍は軽くするだろう


「稼いだお金、今までたいして使うこと無かったから・・・お礼も籠ってるしな?」
「そんな!お礼言われるような事はしてないよ? 僕がしたいことをしてるだけだし」
「いいんだよ、僕の気持ちだから!それより、明日は何する?昔セフナが引っ越す前に行った海覚えてる?wwあのときさぁ…あはは(^o^)」


 無理に笑い気丈に振る舞うジョンデを見てられなくて、ジョンデの声を遮るように


「ジョンデ、・・・・ジョンデ!!」
「うん?どうした?ww セフナ、顔怖いよ…ww」


 ジョンデの腕を引き自分の胸に抱くと


「無理して笑うな!!心に詰まった想いを吐き出せ!」
「別に無理してなんて無いから、ちょっとビックリしただけだから・・・
 ごめん先寝るや」


 ポンポンとセフンの背中を叩き、開放されたジョンデはパッパッと寝巻きのTシャツとスエットのズボンに着替えると、すぐにベットに入ってしまった


「そんなに似てたんだな?イーシンに・・・・
 たった数ヶ月一緒に過ごしただけで、後ろ姿でも解るってどんだけジョンデの心を占めてるんだよ・・・」

 セフンはジョンデが脱いだ服を片付け自分も着替えるとジョンデの隣に滑り込み
 小さな寝息を発てるジョンデを抱きしめ呟くように言葉を吐き出し眠りについた



ーーーーーーー



 年越しはセフンと寮に残ってたチャニョル、ベク、ギョンスと共に過ごした


 毎年恒例の年跨ぎの音楽番組を観ながら騒ぎ、誰のスタイルが良いだの、この歌が好きだのとどうでもいい話で

 番組が終わる頃にはギョンスは寝るからと部屋に入っていった


「「「「おやすみ~」」」」
「そういえば、お前らやっと付き合ったのか?」
「はっ?」
「それカップルリングだろ?」
「セフナ良かったな?気持ちが届いて(涙)」
「泣くなよ、チャニョル・・・・」


 良かったと言いながら涙を流すチャニョルに若干引き気味の3人
 チャニョルの下には缶ビールがいくつも置いてあり


「チャニョル、それ全部呑んだのか?」
「ヒック…おぉ」
「ベク、ご愁傷さま・・・・っつう事で僕らは帰るよ」
「ま、待て!!今日は泊まってけよ」
「イヤだよ・・・2人で仲良く寝なよ♪
 セフナ帰ろうぜ♪ チャニョル、僕らを構うとベクが淋しがるよ?いいの?」
「ハッ!?ベッキョナァ♪ごめんね~♪」


 ジョンデとセフンの事で涙を流してたと思ったら、ベクの1言でベクに笑顔で抱きつきチュッチュッとしている内にセフンを引っ張り寮を出ていく

 後ろからベクの怒り声が聞こえたが、知らんぷりでドアを閉めた



 帰り道手を繋ぎセフンの家に歩く、いきなり帰ることになった事に疑問があるセフンは


「ジョンデ、いきなり帰るってどうしたの?」
「チャニョルは酔っ払うと、喜怒哀楽が激しいんだよ!関わるとめんどくさいからね~♪ww」
「なるほどね~kkk」
「ベク2日くらいで置いていった記憶消えてくれないかな?ww」
「あはは、無理だろう?ww」


 もう少しでセフンの家に着くって所に、急に2人の目の前に出てきたタオ


「2人はもう付き合ってるの?ねぇジョンデ、もうイーシンの事忘れちゃったの?」
「タ、タオ!!」
「タオ言ったよね?イーシンにもセフナにも失礼だって!」
「この前も言ったじゃん!イーシンは心に住んでるって!でも死んだ人はもう蘇らないんだよ?こんな僕を支えてくれるセフナと前を見なくちゃって思うのは間違ってる?」
「ジョンデ・・・・・」
「ジョンダは間違ってるよ!!イーシンは…イーシンは…ジョンダの事あんなに想ってるのに・・・・2人が付き合うのはタオは反対だからね!!」


 そう言うと涙を流しながら走り去ってしまった


 その後セフンは何度かタオと仕事をしているが、表面的には以前と変わらず接しているが、タオからの視線は敵対心がうかがえるほど強かった






 季節は移り変わっていって明日は七夕
今年もジョンデと行くつもりでいたセフンだが、急に仕事が入ってしまい行けなくなった


「ジョンデ、終わったら迎えに行くからね?あそこで待ってて?
 それと、知らない人には着いていかない、お菓子をあげるって言っても着いていっちゃダメだよ?」
「あのさ、僕の事幾つだと思ってるの?子供じゃないんだから、ちゃんとあそこで待ってるから」


 ジョンデの言葉に安心するが、セフンの心はなんとなくイヤな気がしていた



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 ここまで読んで頂きありがとうございます。よかったら、読んだよ~のポチッ等の意思表示をおねがいします♪


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


 あんにょ~ん♪あんとんです(^o^ゞ
 ダラダラと長くなっちゃいましたwwほんとすいません。

 明日のこの時間くらいに、七夕の話を上げます。ただまだ書いてないので、どうなるかは解りません、長かったり、めっちゃ短かったりしたらごめんなさい。

 解りにくい文章で、ここまで読むのが苦労しましたよね?すいません

 今後もこんな感じの解りにくい文章になるかもしれないですが、また読んで貰えると嬉しいです♪( v^-゜)♪
関連記事
スポンサーサイト




  1. EXO
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


comment

Re: 私の

  1. 2014/07/08(火) 01:15:50 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
わぁ~伝わってて良かった♪ありがとう♪(*´ω`*)フニャッ
当初の予定は七夕に出会って、再び!って感じにしたかったのですが
へそ曲がりな私が出ちゃってるかもね?ww

今はタオがみーちゃんの中で1番かもね?ww

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/07/07(月) 20:05:03 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 明日・・・

  1. 2014/07/07(月) 03:12:15 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]

 みーちゃん、コメありがとう♪

明日起こるんでしょうかね?ww
ジョンデはイーシンは死んでると思ってましたので
セフンと新しい一歩を共に歩もうとして、ジョンデがどうなるのか実は解ってません
続きまだ書けてないんです( ;∀;)

 イーシンは一途に思ってたんですけどね?
一応タオはイーシンとジョンデを応援していますのでね?
タオには悲しい事ですからね?タオはイーシンに好意を持ってるから・・・・←
私の頭の中ではね?ww文章力の無さで、伝わってないかと思いますがね?ww

みんなが幸せになると良いですね♪

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/07/07(月) 00:05:40 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.