FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

家族になっていこう? 10 last




 こんな所に読みに来てくれて、ありがとうございます。

 この話(家族になっていこう?)は妊娠出産をテーマに書いてます。
私の個人的な主観と感想で書かれていますので、もしかしたら読まれてる方にはイヤな思いをする人が居るかと思います。

 もしそんな方がいらっしゃったら、お気になさらず接続をお切りください。

 経産婦さんや現在妊娠中の方のご意見有りましたら、コメに匿名&カギ付きで良いので書き書きしてください。
 私の伝わり辛い文章ですが、誠心誠意お答えします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 それから約1ヶ月入ってた仕事を何とか終わらせて、産休に入った・・・・

 それと同時にヨンファは、家で仕事をしてたまに事務所や収録する為に出掛けて行く生活になった


 相変わらず人より見た目小さいお腹だが、それでも5キロの米袋をヘソ辺りで抱えてる感じまで膨らんではいた

 産休に入って時間が出来た2人は先生の奥さんの薦めで、遅れ馳せながら父、母親教室に参加した



 帰り道、妊夫体験をしたヨンファはあまりの腰にくる重みに不思議そうに


「なぁ、そんなにお腹大きくてよくスタスタ歩けるな?」
『はぁ?wwお前はいきなりあの重さを着けたからだろう?
 俺は徐々に増えていくから、気付いたらこの重さを抱えてたって感じだよ』
「徐々にか・・・・」
『そう、お前だってイケメンの時と今では体重が違うだろ?』
「・・・?おう」
『でも身体が重いとは思わないだろうし、その重さが加わったからって動くことに不便は感じないだろう?』
「そうだな?」
『だろう?ww』



ーーーーーーーー



 毎週の病院通いと父、母親教室に2人で手を繋いでの夕方の散歩、楽しい生活と共に次第に親にならなくてはというプレッシャーが載し掛かってきた


 大抵は夜になるとヨンファは仕事の為に部屋に籠ったり、収録や録音の為出掛けていく


 夕食の後ヨンファがホンギの側を離れ仕事しだすと、ホンギから笑顔が消える


 お風呂に入り、リビングでくつろぎながらテレビを観てるが、テレビの内容等入って来なくて
 気付けば自分はちゃんと親としてやっていけるのだろうか?育て方を間違えたらどうしよう?むしろちゃんと育てられるのか?等と考えてしまい、なかなか眠れない日々が続いた


ーーーー


 日付はとっくに変わっていて、後少しで陽が昇るくらい
 煮詰まった作業中に喉が渇いてキッチンへ行こうとリビングを横切るが、俺に気付かずにテレビを凝視してるホンギの姿が目に入る


「・・・・ホンギ?まだ寝てなかったのか?」
『ふぇ?・・・・・あぁ~もうこんな時間か・・・もう寝るよ』
「うん、おやすみ」


 水を手に戻ろうと思うが、ホンギはいっこうに動く気配がない
 テレビ番組に見いってるのかとも思ったが、観ているのは通販番組でホンギには1番必要の無さそうな電動工具


「ホンギ、寝るんじゃないのか?wwまさか俺が居ないと寝れないとか?」
『そんな事はないから・・・////』


 ホンギの背後から抱きしめ横から茶化すように見つめると、視線に気付いたホンギはチラッと見ただけで顔を紅くして明後日の方向に

 ホンギの行動に気をよくして前に回り、素早くテレビを消し腕を引き上げ抱き留めるとバックハグしたまま寝室に鼻歌混じりに歩き出した


 ベットに横になり、ホンギをバックハグのまま大きくなったお腹をトントンとリズムよく叩いている手をホンギに取られ


『ヨンファの顔が見れないのは残念だけど、悩みが消えておちつk…スー…スー…』
「俺も残念だよ?・・・起きたら悩みを教えてくれよ?」


 そう言って後頭部に唇を落とすと


『ふふん♪…ヨンファ・・・・・こわいよ~・・・・』


 ぎゅぅっと強く抱きしめ、ホンギが楽しい夢を見れる様に願いながら夢の世界に旅立った


 あれから悩みを教えてくれる事はなく、少しでも悩みが消える様にと、日付が変わる頃にホンギをベットで抱きしめながらホンギを寝かし、それから仕事する様になった



ーーーーーーーー



 時間は刻々と予定日に近付いていく

 予定日が数日過ぎた検診日、病院に行くと明日の朝の入院を勧めてきた

 ホンギは先生に聞くことが有るからと診察室を追い出された
 会計と共に渡された入院する時に必要な物を書いた書類を手に待合室で待っていれば、晴れやかな表情で出てきたホンギ
 表情から悩みは出産の事だと予想が付くが、目元に残る涙の痕に少し先生に嫉妬した


「先生はなんだって?」
『適度に動いて、よく食べて、ゆっくりとお風呂に入って、十分なくらい寝てくださいって♪ww
 あっ!一応もしかしたら、陣痛が来るかもしれないから気をつけてだって♪
 間隔が10分になったら電話くださいって~♪』
「そっか♪wwやっと逢えるんだねぇ~夢を見てから、1年以上だからなぁ♪
 早く逢いたいぞ~♪なぁ?ホンギ♪」
『そうだな?』



 夕食後、お風呂から出たホンギがたまにお腹を擦っていた


「お腹が痛いのか?」
『トイレに行くんだけど、たいして出ないんだよなぁ~』


 そんな事を笑いながら話して早々にベットに入って、いつも通りにお腹をトントンしながら寝かせ、子供の様に体温の高いホンギにいつのまにか一緒に夢の世界に


『ンファ・・・ヨンファ・・・起きてくれよ!イッ…てぇ』
「ぅん…どうしたぁ?・・・・・ハッ…何分?」
『それが・・・・5分くらいなんだ』
「急いで病院に電話するから、ホンギは出掛ける準備してて?カバンとかは、玄関に出して有るからね?」


 そう言ってケータイを手に寝室を出ていった
 痛みが無い内にベットから這い出してなんとか衣装部屋にたどり着き、陣痛に耐え着替えると、ヨンファが起きた姿でうろちょろ


『おい、お前はその格好で出掛けるのか?ww…イッ…』


 ハッとした顔で急いで着替えて出てくると、車のカギと荷物を手に家を出た


 病院に着くとホンギを支えながら病院の奥に連れてかれ、分娩室へとホンギは入ってしまった


 中から聞こえるド・ド・ド…という音と、微かに届くホンギのうめき声に変わってあげたい気持ちがつのる




 数時間後
すでに陽は昇り、他の入院患者の家族がパラパラと前を通りすぎ喧騒の中ひときわ大きめの泣き声が聞こえ
 数分すると中から看護婦が出てきて、ヨンファを笑顔で中に促す


 分娩室の中に入ると、汗だくで患者着のホンギの胸にはタオルに包まれた子供
手術着の先生がヨンファを見て、笑顔で“男の子だよ”と教えてくれた


「お疲れ」
『おぅ、見てくれよ!コイツサルみたいじゃねぇ?ww』
「ふっ…まあ見ようによってはな?ww
 でも目元はホンギに似てるじゃないか?」
『どうかな?ww全体的に見ればヨンファじゃないのか?』
「・・・・・それは嬉しいけど、さっきこの子の事サルって言わなかったか?」
『サルみたいだけど、よ~く見ればヨンファみたいだと思ったんだよ!』
「ふふっ♪ありがとう」


 そんな事を話してる内に、病室に移る事になり子供は新生児室へと連れていかれた


 病室に入り落ち着いた頃に思い出した


「あっ!ホンギの親に報告しなくちゃ!」
『お前の親にもだろ?wwお互いに親に電話するか』
「あぁ、そうだな?ww」


 そう言ってケータイでお互いに実家に電話した


「『もしもし、オンマ?産まれたよ♪それと、産んでくれて・・・・ここまで育ててくれてありがとう』」
 


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・* (*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



 最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしければ、読んだよのポチ等頂けると泣いて喜びます

にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



 毎度の更新の遅れ、ほんとにスミマセン

 長々と訳のわからない話を書いてしまい、そしてそんな話をここまで読んで頂きありがとうございました♪

 一旦ヨンギのお話はここでお終いです。っていうか、さっさと始めないとラストに書きたい事が有るのに過ぎてしまいそうで恐いんです!←
もうすでに遅れそうな雰囲気が私の周りを漂ってますが!←えっ!!!???

 という事で、次回からは以前後書きでお知らせした通りレイチェンを書きます!
 レイチェンですが、私個人のこだわりで登場人物の名前は本名のイシン(レイ)ジョンデ(チェン)でお送りします。

 ちょっと?イヤ、かなり悲しいお話に成りますが、最後はハッピーエンドに成る予定ですので、約1ヶ月ハラハラドキドキしてラストまでお付き合い頂けると幸いです

 もし、誤字脱字や読めねぇ!って事が有ればお知らせください。

 ーあんとんー
関連記事
スポンサーサイト




  1. 家族計画
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


comment

Re: お疲れ様です!!!

  1. 2014/06/01(日) 22:43:31 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
みーちゃん♪ありがとう~♪(T_T)

私は行ったことがないので、実は詳しくは何をやってるのか知らないんです
父母親教室に行く2人は、素敵だろうな♪ってkkk

ヨンファの過保護に余計な考えは考えられないけど
1人でシーンとしたリビングに居ると、いろいろ考えちゃって不眠症気味に

ヨンファは微かな変化にも気付けるように、ホンギにたいしてアンテナを張ってるんでしょう!←
もう妊娠初期の訳もわからず避けられてるのは辛い体験ですから
大好きな人の体温と心音は、お腹の中の記憶に似て安心出来るんだそうです
ただヨンファがそこまでわかってて行動したのかは不明です!←?

あっ!そうだ、ギヨンだった!!←
名前は2人から取ったって事は覚えてたんですが、ホヨンだったかギヨンだったか不明で(゜ロ゜;

いつもコメくれてありがとう♪みーちゃん♪
次回はみーちゃんが苦手な悲しいお話だけど、また読んでくれると嬉しいな♪
コメ返は遅れるかも知れないから、無理して書かなくて良いからね?
ラストは7月の予定です!←
うまくいけばだけどね?

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/06/01(日) 18:12:29 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.