FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

家族になれる? 7



 フニの手の中のケータイが鳴り響く

「問題は解決したか?ww」
『ホンギひょんのお許しが出たよ♪』
「了解、じゃあ今から降りてくよ (ブチッ)

 ヨンファ喜べ、お許しが出たそうだ!マンネの演技力と俺の案に感謝しろよ?」
「お前はたいした事してないだろう?wwはいはい、解ったよ感謝してる」






 時は戻って


 スタジオを出てエレベーターを待っている時、おもむろにヨンファのケータイをいじり何処かに電話しだす


『ひょん?どうかしたの?』
「ミニョク悪い、ちょっとヨンファのケータイを借りてる」
『あれ?フニひょん?どうかしたの?』
「前にヨンファと肩車の話しなかったか?」
『肩車?wwどうだったかな?
 シン~ヨンファひょんと・・・・あっ!ごめん・・・
 ごめんなさい、僕は覚えてないよ』


 エレベーターの到着音にフニを引っ張り乗せる


「そっか・・・困ったなぁ」
「ちょっと替われ
 ミニョク、2週間くらい前にスタジオで雑誌記事の話しただろう?」
『あっ!ヨンファひょん?
 雑誌記事?・・・・あぁ~そんな話したね?
 ひょん、ごめんなさいちょっと出掛けなくちゃいけなく』
「ジェジン?」
『そうだよ♪よく解ったね?ww』
「そのままで良いから聞いてくれ
 俺がその時に肩車を怖いって言ったのは覚えてるか?」
『覚えてるよ?それで僕もシンにしてもらうの怖くなったもん』
「その時俺がどうして怖いって言ったか解るか?」
『へっ?・・・・ひょんが怖がった理由?

 そうだなぁ、ひょんが怖がったのは僕と違って体力とかの問題ではないでしょ?
 ひょんが怖がったのはホンギひょんに怪我とかされたら困るからでしょ?
 ひょんはある意味ホンギひょん第一主義だから
 えっ?何?・・・・・あぁ~それも有るよね?ww
 シンが“ひょんはまだ貯金出来てないからじゃない?”だってww』
「そうだよ・・・・お前らはどんだけ観察眼が鋭いんだよ!」


 ため息を付くヨンファからケータイを奪い


「フニだけど、たぶん今みたいな事をこれからFTのメンバーに聞かれると思うけど、俺達から電話が有った事を伏せて初めて聞いた振りしてくれるか?」
『それは構わないけど・・・・』
「ヨンファの幸せが掛かってるんだ」
『わかりました!シンにも言っときますね?ソロソロ着くんで切りますね?』


 切れたケータイをヨンファに帰すと、悪そうな顔でウインクしてきた


「結局はヨンファが言わなくても、弟達は解ってたんだな?wwうち(FT)だったらこうはいかないだろうな?」
「どうかなぁ?フニが俺の立場だったらそうかもな?wwでもジェジンだったら上手くいく気がする」
「なんでだよ!」
「お前は隠し事が上手すぎるんだよ、だから俺みたいな事に陥っても何を考えているか解り辛くて答えられない
 ジェジンも悩みを見せないけど、弟が手を差し伸べればすぐは無理でもいつか話す

 お前のなんでも頭で考えて相談をなかなかしなかったり、弱味を見せないって所が問題なんだよ」
「ヨンファはメンバー達になんでも話すのか?」
「なんでもではないけど、悩んでればある程度は表情や行動に出てるみたいだし、自分だけじゃ無理だったり第三者側からみたらすんなり解決策が見付かる事も有るからな?
 俺もメンバーが悩んでると気付けば、相談にも乗るし話したく無ければ話したくなるのを待つ
 お前の悩みの1割りで良いから、メンバーに話してみろよ?
 結構悩んでる事がバカらしくなる程簡単に答えが出る事が有るから」




(最初の電話を切った後の続きです)


 到着音と共に開くドアにエレベーターから一歩出ると、大きく深呼吸するヨンファ

 ポンポンと肩を叩きスタジオへと歩いて行き、ドアに手を掛けた

ーーーーーーー


 ヨンファの幸せが掛かってると言われたとはいえ、ミニョクとジョンシンは何故こんな事を聞かれたのか解らず


MH「なぁ、僕達はなんでここに呼ばれたの?」
ジ「あぁ~ごめん、実はさっきの話をホンギひょんが1部分を聞いて勘違いしたんだ」
JS「肩車の話を?」
ミ「そう、肩車の話とは知らずにね?
 ホンギひょんには心配事が有って、その心配事について恐れてた答えと同じ様な事をヨンファひょんが言ったんだ」
ス「僕達やヨンファひょんが勘違いだって言っても、ホンギひょんは信じてくれなくて・・・・
 だったらその場に居た他の人に聞けばひょんも信じるだろうって」
MH「なるほどね・・・kkkホンギひょんとヨンファひょんの力になれて良かったよ♪」


 そう言うとジョンシンとミニョクは顔を見合せバレない様に意味有り気に微笑んだ

 ざわざわとみんなで喜んでいるその時
ガチャと開いたドアを緊張気味に入ってきたヨンファと楽しそうに入ってきたフニ

 ホンギの姿を見たヨンファはギュッと抱きしめて


ヨ「ホンギ、全然貯金出来てないけど」


 そう言うとひざま着き、ホンギを見上げ左手を取り


ヨ「これから仕事を頑張るから俺と結婚してください」
ホ「・・・・・・・しょうがねぇな」

フ「ヒュ~♪」
「「「「「「おめでと~♪」」」」」」


 みんなからの祝福の声の後、大きな拍手にうつむくホンギとヨンファ


ヨ「ありがとう」

ミ「ねぇ?そういえば、ライブどうなるの?」
ホ「やんよ?当たり前だろ?ww」
ヨ「はぁ?イヤイヤ・・・許さないよ?」
ホ「はぁ?暴れなきゃやって良いって先生は言ったし!っていうかむしろお前の許しは求めてない!」
ヨ「なんだと!なんか有ったらどうすんだよ!」
ミ「スットープッッッッ!!!」
ジ「もうチケット完売だし、会場押さえてるし・・・」
フ「その損害とペン達の不満を一手に引き受けるって言うなら考えても良いが?ww」
ホ「フニ・・・そんな事言わなくても」
フ「だってそうだろ?ホンギの…イヤッ俺達FTの仕事を軽く見てるからそんな事が言えんだろ?違うかよ!
 医者は条件付きでだが許してくれてるのに、コイツは自分の目の届く所に置いときたいから駄々こねてるだけじゃないか!」


 隣に座るミナリにこそっと耳打ちするスン


ス「フニひょんがスッゴイ格好いい事言ってるよ?ww」
ミ「っていうか・・・熱い?ww松岡〇造なみに熱いよ?」
ス「今年の夏も暑そうだねぇ(遠い目)」


 シーンとしてピリピリ感が充満する中(スンとミナリを除く)


ヨ「ホンギ、みんな悪かった・・・
 ホンギ、くれぐれも身体に気を付けてガンバってこいよ」


ーーーーーーー


 久しぶりに帰ってきた我が家はヨンファの匂いが充満していて、まるで部屋ごと抱きしめられてる気分だった


 俺が持ち出した荷物を何度か車と家を汗だくになりながら往復するヨンファ
最後の荷物を持ちリビングに入ってきて


「荷物持ちでもあの日に雇ったのか?すごい量の荷物じゃないか?」
「最初に持ち出したのは必要最低限の衣料品を入れたトランク2個だけだよ?
 ホテル住まいでも色々必要な物は出てくるんだよ、それで気付けばトランク5個バックが3個になっちまったんだよ」
「まあ良いや・・・ホンギが帰ってきてくれただけで俺は満足だよ
 お帰りホンギ・・・」


 そう言って抱きしめるが、すぐにホンギによって引き離された


「うぇっ・・・・悪いんだが、今すぐシャワーを浴びてくれ!」
「えっ?そんなに汗臭い?」


 何度も左右の腕やシャツの匂いを嗅いでいるが、大事なホンギの頼みだからと急いで浴室に向かった

 ヨンファが出てくると、ホンギが入っていった

 ソファに座り不意に着信ランプが点灯するケータイが目に入った


「ジェジンからメール?なんだ?」

『大きなお世話かもしれないですが、ホンギひょんについてお知らせです。

①ホンギひょんは現在匂いに敏感です。
 なので、帰宅後早めにシャワーする事が得策です
 それとなるべく匂いのキツイ食べ物と香水に気を付けてください

②今まで食べていた食事は出来ませんので驚かないでください。
 現在のホンギひょんは野菜とヨーグルト等で生きてます。

③感情の起伏がすごい激しいので、気を付けてください。
 今までたいした事がなかった小さな事でも泣いたり、怒ったり、不安になります
 たぶん今回のホンギひょんの行方不明はこの小さな不安が招いた事だと思うので
 安心する様にホンギひょんが嫌がらない限りは出来るだけ抱きしめてあげると良いですよ

④しばらくは(安定期まで)手を出さないでください。ww

次の健診は再来週です。その時に一緒に行くと良いですよ?ww気になる事はその時までにメモしといてください

 最後に今回の事、本当におめでとうございます。』 


 ジェジンの優しさに感謝した夜だった


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・* (*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



 最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしければ、読んだよのポチ等頂けると泣いて喜びます

にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


 ちゃんと同じ時間に更新出来なくてごめんなさい

 23時過ぎても更新されない時はゆっくりお休みください。
今回みたいに真夜中か朝方に更新されますので・・・・ってみなさんは私と違って健康的な生活してるでしょうから大丈夫ですよね?ww
関連記事
スポンサーサイト




  1. 家族計画
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


comment

Re: タイトルなし

  1. 2014/04/22(火) 02:51:44 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
御返事が遅くなってごめんなさい

mさんにはいつも温かいお言葉を頂いて感謝してます

お母さまも大変でしたね?
そんな時期を過ぎるからこそ、強くなれるし子供は可愛いのでしょう

私は基本的にどうにかなるって感じで過ごしたので
またの名を開き直り?wwともいう
辛かったけど、子供はそれでも大きくなるし(どこから栄養を取ってたのかいまだに不思議です)
月日が来れば産まれるもんです←

私は尊敬に値しないですよ?wwもっと子供の為に考えて栄養を取っていた方が居ますから

私の話に出てくるフニジェジは色んな方のフニとジェジを膨らませただけですので
あまり期待はしないでくださいね?

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/04/20(日) 07:04:47 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: カギコメmさん

  1. 2014/04/20(日) 04:18:25 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]

一応ホンギとヨンファの幸せを願ってですけど・・・
まあ、聞かなくても伝わっていたので、聞かなくても良かったみたいです←書く意味無かったのでは?ww

ホンギ馬鹿なヨンファに仕上げようかとww
実はランプ中止させ様という所までは妄想出来たんですが
それをどう阻止させるか考えていなかったので、ビクビクだったんです←

ジェジンのメールはある意味私から、ヨンファへの私からの応援のつもりです
ホンギへは・・・食べれてるだけ、有難いと思いなさい!っていう私の叱咤激励です←
(私は点滴一歩手前に行った人)

妊娠中の体験を元に書いているのですが、ホンギはこうするかな?と迷いながらなので
更新出来ない日が出てくると思います。
なかなか更新され無くてイライラするかと思いますが
ながぁぁぁぁぁぁい目で見守って頂ける事をお願いします

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/04/19(土) 09:03:54 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.