FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

家族になれる? 3



 
 カムバが終わった日から、ホンギは姿を消した

 厳密には俺の前から消えた、テレビ番組とかには出ているから世間的にはなんら変わっていない


 カムバが終わったら帰ってくると多少楽観視していたが、夜中帰るとホンギの荷物が無くなっていた


 ガラーンとした気がするリビングでソファに座ってホンギに電話してみるも、電源が切られてるという機械的なアナウンスが流れるだけで

 俺が聞きたい愛しい声を聞くことが出来ない


 それでもしっかりと時は刻まれ、朝はやって来る

 俺は作曲の為にスタジオに籠って居るが、もちろん手に付くわけもなく仕方なくマンネ達に絡む

 コイツら仕事をしに来てるのか、イチャ付きを見せに来てるのか解らないほど目につく

 フッとインスピレーションが降りてきて作業に没頭するも、ジョンシンとミニョクのイチャ付きにすぐに途切れた

 マンネ達に視線をやると雑誌の恋愛相談の記事について、自分達だったらどうするかと話している


「シンは僕にこんな事言われたら嬉しい?」
「えっ?ミニョギに“肩車して”って頼まれたら?喜んでしてあげるよ♪」
「おんぶでも視界が違うのに、シンの上にミニョが乗ったらスゴイ眺めだろうな?ww」
「ですよね?87のシンの上ってww
 ひょんだったらどうします?」
「えぇ~ホンギに言われたら?wwめっちゃくちゃ嬉しいけど、でも嫌かな?怖いし」
「怖い?」
「だって2人分の命が肩に掛かってるんだぞ?」
「あぁ~そうですね?確かに怖いかも」
「えぇ~ミニョギは上に乗るだけじゃん!」
「お前の筋肉じゃ信用出来ない」


 そんな話にまたインスピレーションが降りてきて、今度は途切れることなく曲の構想を仕上げた



 たまに事務所でFTのメンバーを見付けるとホンギの姿を探していた


 待つだけでは無くFTのメンバー達の家に行ってみたり、ホンギのたくさんの友人に聞いてみるも


フニ「この間来たけど?なんだ?ケンカか~www」
スン「ここには遊びに来たけど、夜中帰りましたよ?」
友1「ホンギ?そういえば最近会ってないな?」


 という話ばかり
ほんとに何処に消えちまったんだよ!



ーーーーーーー



 カムバが終わって少しのオフを両親が住む家で過ごす

 いつもながら大荷物の俺に苦笑いの両親だったが心地良い時間を過ごせた…食事の時以外は

 さすがオンマは経験者なだけ有ってかすぐにピーンときた様で

 夜みんなが寝静まる頃
リビングでテレビを観ていた俺の隣に温かいお茶を手に座った


「寝れないの?これでも飲みなさい」
「ありがとう」
「ところで、あんた妊娠してるんじゃないの?」
「えっ!あっうん・・・でも今は言えないから、黙ってて」
「ヨンファくんには言ったの?」
「まだ・・・」
「まだって・・・いつまでも隠して過ごせないのよ?わかってるの?」
「隠し通せるとは思ってないよ・・・仕事をしている限り

 ただ、怖いんだよ…ヨンファの顔が曇るんじゃないか、面倒くさくなって居なくなりそうで・・・」
「そんな風には思わないけどねぇ?
 まあいつでもここに帰ってきて良いからね?孫の世話だって任せなさい!立派に育ててあげるから!」
「ふっ…オンマが気持ちは若いって事はわかってるよ」
「失礼な事言うんじゃないわよ!
 私は若いんだから!!なんならあんたの弟か妹だって…」
「それは止めて!それにいい加減無理だろうしww」
「ほんと、失礼ねぇ…誰に似たのかしら?
 とりあえずは1度ちゃんと話しなさいよ?傷付いたら私の胸でお泣きなさいww
 ふぁぁ・・・私は寝るわ、おやすみ」
「ふっ…ありがとう、おやすみ~」


 明るく返事するが、オンマが部屋から居なくなったとたんに涙が流れた


 オンマの言葉は俺に少しの勇気をくれた、オフの最終日事務所に顔を出してCNの練習室に足を進めた

 だが、ドアを少し開けただけでその手は止まってしまった


「・・・ひょんだったらどうします?」
「えぇ~ホンギに言われたら?wwめっちゃくちゃ嬉しいけど、でも嫌かな?怖いし」
「怖い?」
「だって2人分の命が肩に掛かってるんだぞ?」
「あぁ~そうですね?確かに怖いかも」
「えぇ~ミニョ・・・・・」


 ヨンファの言葉に言うのは止めようと固く誓った


 それから事務所の近くのビジネスホテルをマネに取って貰って、メンバーとマネ、代表には今後について自分の考えを伝えた




ーーーーーーー



ホンギの妊娠発言とヨンファには言わないと聞いた時は驚いた、ホンギ自信何か考えている様だが・・・

 どっちにしろその内嫌でもバレるけどね?ww


 偵察がてら事務所のコミュニティスペースに顔を出せば、余程ホンギが心配なのかホンギの姿を探して落胆していた


「よっ♪どうした?曲は書けてるのか?」
「…なんだフニか・・・
 まずまずだよ・・・・今日はそっちは?ホンギも居るのか?」
「はぁ?んだよ~www こっちは次のライブ練習中・・・
 それとホンギはまだじゃないか?用事があるって半日オフ貰ってたし」
「そっか・・・ホンギ来たら、俺が逢いたがってるから休憩の時でも良いからスタジオに来てって言っといて」
「おぉ伝えとくわ!(行くとは思わないけどな?)
 そうだっ、今度話聞いてくんねぇ?聞きたいことがあんだ」
「???あぁ、俺はいつでも事務所に居るから」
「んじゃ、今度練習終わりに行くわ」


 そう言って離れるとホンギに報告の電話をした
 



()←は心の声だと思ってください。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・* (*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



 最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしければ、読んだよのポチ等頂けると泣いて喜びます

にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


 だらだら更新ですみません。
フニの聞きたいことって何でしょうね?ww←
 次回それは明らかに!!(ちょっとドラマの予告みたい?ww)
 ホンギ逃亡編まだ続きます!


関連記事
スポンサーサイト




  1. 家族計画
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


comment

Re: タイトルなし

  1. 2014/04/14(月) 01:00:48 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
こちらこそ、ありがとうございます♪

そ、そんな( 〃▽〃)私も嬉しいです。
それなのに土日あげられなくてごめんね?
私のペースで書いていきますね?ww

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/04/12(土) 17:02:13 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: オンマ・・・

  1. 2014/04/12(土) 15:51:34 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
きっと自分の時と一緒だったのではと・・・
だから気付いたと思います。
オンマ程最高の味方は居ないからね?ww←ヨンファは?

ヨンファとマンネ達の会話後少し早く聞けてたら!!って書いてる私も思った!←
ヨンファどこまでいじめようかホンギと相談します。←

今の所続きが書けてないので、どうなるか私も知りませんが
ホンギバカで、親バカになることは間違いないので素敵な夫夫になるまで待っててね?
mさんとヨンファに宛ててww

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/04/12(土) 13:10:03 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.