FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

家族になれる? 2

 マネひょんは頼んだ通り事務所には疲れが出ただけと報告してもらい

 前より緩くなったスケジュールを縫って紹介された病院に予約の電話を入れ向かうと

 一応は変装して病院前にタクシーで行くと、人通りが疎らであの医師が言ってた通り、お年寄りがたまに歩いてるくらいだった


 病院は内科と看板を出してるが、よく有るなんでも診てくれるって感じだった

 すぐに診察室に通され、紹介状を渡し問診と尿検査を受ける



 医師は初老の男性で、笑顔を見ただけで人が良いと思える
いわば両親が子供を慈しむような、ふんわりとした笑顔で包み込んでくれそうな笑顔


「おめでとうございます。2ヶ月ですよ」
「えっ?ほんとですか?・・・あっ、でも・・・」
「あれ?あまり嬉しくないんですか?」
「あっ、いえ・・・嬉しいんですが、パートナーは戸惑うかも・・・もしかs・・・」
「別れの原因になるのでは…と?

 そんなに責任を負うことを嫌がる人なんですか?」
「いえ、そういう訳では・・・
 子供は好きだと思うんですが、他人の子供を可愛いがるのと自分の子供では責任の大きさが違いますよね?」
「そうだね?人の子は一時の責任だけど、自分の子供は一生だからね?

 君はどうしたい?」
「わからないんです。紹介状を書いてくれた先生に妊娠の可能性を言われた時から、ずっとそうだったら俺はどうする?って考えているんです。
 でも答えが出せない、仕事をしながら育てられるのか?
 人はペットじゃないから、忙しいと言って人に預けてばかりは出来ないって思うんです」
「そうだね?kkk
 君の悩みは子供を産んだ後の事だけなんだね?
 パートナーの反応とか妊娠中の収入や生活の心配じゃなくて」
「やっぱりパートナーの反応は怖いです。でもせっかく出逢えた命を粗末には出来ないから」


 ホンギの話を笑顔で、でも真剣に解決の糸口を探そうと聞いてくれる先生に安心して


「俺、子供と2人でも生きていきます」
「そうですか?そうですね、子供と生きるって辛く悲しい事も有りますけど、それ以上に楽しい事がたくさん有りますからね?
 まずはパートナーに話す事が先決ですよ?
 後は生活にも制限が有りますからね?
 力仕事はなるべく避けてください。それと食生活が1番子供に影響が有りますから、悪阻は・・・有りそうですね?酷いですか?」


 ホンギは食事もあまり取れなくて、頬の肉が落ちてきているため疲れて見えた
 その姿に心配そうにたずねる


「悪阻?」
「そう、人それぞれ有りますが、空腹で気分が悪くなるとか、逆に特定の物の匂いに敏感になってきたり・・・」
「あぁ~そういう事が有るんですね?
 匂いのキツイものはダメです。匂いだけで気持ちが悪くなります」
「なにかしらは飲食は出来るんですか?」
「匂いのあまり無い食べ物とかなら多少は大丈夫です…後は飲み物はなんでも」
「飲み食い出来てるのなら良いんです
 人によっては出来なくて衰弱する事が有りますから・・・」
「へぇ~」
「とりあえず、2週間置きに来てください。ですが、何か異変を感じたり不安が有ったら気にせず電話してください
 わかりましたか?」
「はい」


 ホンギの答えに笑顔で頭を撫でると、奥に引っ込んでしまった
診察室を出ると会計を済ませ病院を後にする



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 事務所に戻ったホンギはとりあえずマネひょんとメンバーに報告した

 みんな手放しで喜んでくれ、祝福してくれた

 だが、当分はここに居る人以外に秘密の言葉に誰もが何故?という表情


「ヨンファひょんに言わなくちゃ!」
「そうだよ!」
「その内言うよ・・・・・ それより練習しようぜ♪」
「その内って・・・絶体に言うんだぞ!」


 無言で頷くと、マイクの前に立ち歌に集中した


 メンバーの誰もが心配そうに見つめるが、カムバが近付くので練習に戻った


 その後もヨンファに言ったのか気になるメンバーだが、カムバの忙しさに聞けずに居た




 何度となくヨンファに言おうとは思って話し掛けるが、拒否する顔が脳裏に浮かんで止めてしまう



ーーーーーーー



 最近のホンギはおかしい、カムバが近いからと帰らない日はよく有ったが

 事務所やテレビ局で会ってもよそよそしい会話の後


「あのさぁ・・・いや、悪りぃ、用事があるから」
「えっ?あっあぁ・・・今日は帰ってくるのか?」
「わかんねぇ…じゃあな」


 足早にヨンファから去っていくホンギの後姿を見送るしかなかった

 ため息と共に自分の楽屋に入るとメンバーのミニョクが不思議そうに


「どうかしたんですか?暗い顔しちゃってww ホンギひょんに逢えなかったんですか?」
「いや、逢えたんだけど…」


 その時タイミング良く?ミニョクのケータイが鳴り、嬉しそうに電話し出す


「シン?どうしたんだよ~www」


 そんな姿をうらやましく見ながら、バラエティー番組の台本に目を落とす


 カムバが終わった日から、ホンギは姿を消した




*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・* (*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*




 最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしければ、読んだよのポチ等頂けると泣いて喜びます

にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


 正直、自己満でしかない気がするんですが・・・
だらだらと続きそうな気がしてます。いつもの事だろうって?www
そうですね?長くてもお付き合い頂けるとありがたいです

関連記事
スポンサーサイト




  1. 家族計画
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


comment

Re: いよいよ

  1. 2014/04/11(金) 14:56:44 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
妊娠発覚!ww
メンバーやマネには今後仕事に支障をきたすから報告させたけど・・・
ヨンファに関しては、好きすぎて言えないというもどかしさを後1話?2話?
お楽しみください←

なんかリク受けた時と今ではどんどん違くなっているから
どうなるかが自分の事ながら心配です。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/04/11(金) 06:33:02 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.