FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

ヤキモチ妬きの・・・・



 びっぽ夫婦(ジニョ×シヌゥ)の何気ない1日
こちら一切リアルが含まれません、ゆえにアイドルではないです。

 学生パロです。

ジニョン、シヌゥは大学3年生
サンドゥル、バロは大学2年生
チャニは大学1年生


目線がコロコロ変わります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 最寄りの駅から大学に向けて歩いて居ると、見馴れた姿がコンビニの前
ガードレールに寄り掛かりながら暇そうにコンビニを見ていた


 リュックを背負い、イヤホンで音楽でも聞いてるのか微かに揺れている


「よっ♪シヌゥ行かないのか?」
「おぉ~びっくりしたぁ・・・ 行くけど・・・」
「お待たせ~はいっひょんの分ね?
 あっ!?ジニョニひょん、おはようございます」


 シヌゥにコンビニ袋を渡すと、ジニョンに気付いたチャンシクは礼儀正しくお辞儀した


「おはよ・・・なんでチャニがシヌゥの…」
「あぁ、勘違いしないでください!
 さっき改札前でシヌゥひょんのパンを僕が踏んじゃって・・・」


「ふーん・・・改札でね~・・・シヌゥ災難だったな?」
「・・・んぁ?あぁ、そうなんだよぉ・・・
 俺は良いよって言ったんだけど、チャニが…」
「あっ!バロひょんとサンドゥルひょんが走ってる!ひょん遅刻しますよ!」


 シヌゥの話をぶった切り、ジニョンの背後の光景に一瞬曇る表情を見せるが、すぐに焦った表情になるチャンシク
 そう言われて時計を見ると、講義開始10分前


「シヌゥ急げっ!!1限のキム教授出席にうるさいんだから」
「ゲッ!!そうだった!」


“チャニも急ご!”と言おうとしたら、すでに走って30m先に居て


「ひょん達お先で~す♪」
「えぇ~ズッケ~wwww」


 2人は笑いながら走り出した
校門が見える頃には、バロに抜かされたがサンドゥルはすでに諦め歩いていた



 息を切らせ教室に入ると、後ろの席に着き倒れ込んだ

 数分後やって来た教授が出席を取り授業が始まるが、体力の無いジニョンは授業どころではなかった




 授業が終わってバラバラと教室を出ていく、シヌゥに突っつかれてそれに気付くと
2人は次の講義までの時間を過ごすため食堂に異動した



ーーーーーー



 ジニョンが鼻歌混じりにシヌゥのノートを写してる前で、シヌゥはパンをかじりながらジニョンの姿を幸せそうに眺めてた


「~♪~♪~♪~♪~♪・・・
 あっ・・・そういえば、昨日何してたんだ?」
「・・・・別にこれと言ってないけど・・・」
「チャニとなんか有ったの?」
「ブッ・・・おっと、悪りぃ・・・ いきなりどうしたんだよ?」
「ぁん?あぁ~気にすんな・・・どうしたもこうしたも
 チャニは電車じゃなくてチャリだし、しかも方向だって駅とは反対なのに改札でお前と出会うことがないはずだろ?
 もしかして・・・・」
「あり得ないよ、ジニョンが考えてる様な事は絶対に無いから!」
「ほんとかよ?じゃあなんで…」

「昨日チャニの恋愛相談を受けてたんだよ・・・」
「はぁ?」
「家の近くで飲んでたから、チャニを家に泊めた」
「なんだと!」

「怒んなよ・・・フラフラで電車無くてタクシーも捕まらないし・・・・
 ぅん?もしかして、ヤキモチか?kkk
もぉ~俺はジニョンに一途だって知ってんだろ?」
「////どうだかな?」
「んだよ~wwww俺はそんなに信用ないのかよー?
 少なくとも、ジニョン程はモテないんだけど?」
「そうか?俺と違う講義の時はお前の周りは女の子に囲まれてるじゃないかっ!!」
「それは・・・俺目当てじゃないんだけどなぁ~
 どっかのヤキモチ妬きで、作曲とかする、俺が大好きな人の事が聞きたくて」
「////へ、へぇ~それは初耳だ・・・

 って話を反らすな!!チャニの相談ってなんだよ!」
「あのさぁ、いくら愛しのジニョンでもホイホイ人の相談内容話せると思うか?
 本人の了解を得てからだろ?
ジニョン、チャニの立場になってみろよ
 サンドゥルとかが聞いてきて、お前の恋愛の悩みをしゃべって良いのか?」
「それは困る・・・しかもサンドゥルにしゃべったら、すぐにバロにベラベラしゃべられて冷やかしの対象に・・・」


 そう言うとジニョンは、その時の事を想像したのかブルッと震えた


「kkkだろ?だから、チャニに聞いてからだよ・・・」


 ほんとは言いたくなかった・・・
チャニが俺達2人の関係を知らないからだが、チャニはジニョンが好きだって言われどうすれば振り向いてくれるのかと絡まれた

 ジニョンは心を許すとスキンシップが多くなる、男女関係なくだ・・・
 ジニョンを信用してない訳ではないが、チャニの相談内容を言ったらジニョンを取られてしまうのではという感情に苛まれて言えなかった



 その後はお互い、違う講義を取っているため昼飯まで個々に時間を過ごした





ーーーーーー




 お昼過ぎ

 近くのカフェでコーヒーとサンドイッチを買い中庭に行くと、すでにシヌゥやバロ、サンドゥル、チャニが集まっていた


ジ「なんだよ、俺が最後かよぉ~
 あれ?バロ達今日は話が長いあのチャン教授だったよな?」
バ「お疲れ様~♪珍しくチャン教授の講義が休講だったんです」
サ「ほんと、講義大好きな教授が休講なんて、珍しい事が有るんだな?kkk明日雪だったりして~kkk」
ゴ「えぇ~明日雪とか勘弁してくださいよぉ」

ジ「そういえばチャニ、昨日シヌゥと飲んでたんだって?」
ゴ「えっ?えぇ・・・」
シ「ジニョン!?こんな所で聞かなくても」
ジ「チャニに聞けって言ったのはお前だろ?」
ゴ「ジニョニひょんは僕がどんな事を話したのかは知ってるんですか?」
ジ「まぁ・・・詳しくは知らないけど、どういう類いかは聞いた
 んで?昨日シヌゥと誰の事について話したんだ」
ゴ「・・・・ジニョニひょんの話です。///
 ひょんは今特定の彼女とか居ないんですよね?」
ジ「えっ?俺の話?しかも・・・・はぁ~、シヌゥ、ちょっと来い!」
シ「えっ?」


 そう言うと、引きずる様に校内の中でもほぼ人が来ない裏に連れていった
俺よりも大きいシヌゥを引っ張ってこれたのは、怒りとシヌゥの優しさのおかげなのだろう


「な、なんだよ?ジニョンどうした?」
「どういう事だよ!お前何恋敵の相談にのってんだよ!」
「い、いやぁ・・・ジニョンはバレたくないかな?って思って」
「はぁ?しかもなんで俺はフリーだなんて言うんだよ!!」
「フリーとは言ってないよ、ただ“彼女は居ない”って言っただけで・・・」
「ふざけんなよっ!お前の優しさは俺やチャニを傷つけてるんだよ!
 だったらなんで“ジニョンには好きな人がいる”って言わないんだよ!
それを言えばチャニだって下手な夢を見る事なく諦めて他の人に・・・(涙)」


 頬に一筋の涙を見たシヌゥは目線を合わせようと体を下げた


「な、泣くなよ……ジニョンが俺を好きだって事はわかってるんだよ・・・
 でも、もしかしたらジニョンはチャニを好きになるんじゃないかって・・・」
「なんだそれ?・・・・俺ってそんなに信用無かったんだな?・・・ふっ」


 自傷気味に笑うと、怒りに任せて壁に手をつくと唇を合わせた
目を丸くして見つめるシヌゥだが、欲に負けたのか閉じる瞳
次第に深くなり、どちらからかわからない水音

 ゆっくりと離れた2人の間を銀糸が繋がってる
余韻に浸ってボーッとなるシヌゥと自分でしたのに照れて赤くなったジニョン

 そんな2人を現実に戻したガシャンという音に振り向くと、怒りと悲しみが混ざった表情のチャニと
アチャ~という顔のバロ、サンドゥル

 苦笑いのジニョンがバロ達に向かって歩き出す


「サンドゥル、バロわかってるだろうな?」
「「あぁ、大丈夫だよ」」
「チャニ、悪かったな?こんな風に…」
「あっあの…いえっ…大丈夫です。
 ちょっとだけびっくりしただけなんで、シヌゥひょんにも悪いことしちゃったみたいですねっ…」
「いや、チャニはシヌゥにはもっと怒って良いんだぞ?あいつがした事は間違った優しさだ」
「言えなかったんじゃないですか?僕の感情は憧れなのか、恋愛感情なのかわからなかったんでしょうし……
 真実を言って僕が噂を広めないとは思えないでしょうし・・・
 あっ!心配しないでください言いませんから、その代わりといってはなんですが、これからも今まで通りにお願いします」
「あぁ……こちらこそ宜しく」


ニコッとジニョンに微笑むと、中庭に向かって歩き始めていた


「ひょん達♪早く来ないと、僕がみんなのお昼食べちゃいますよぉ♪kkk」
「チャニヤァ、僕のは食べないでよ~ひょん達とバロのは食べて良いからぁ」
「「「サンドゥル!!ふざけんなぁ~」」」


 笑いながら追い掛けっこの様に中庭に戻る5人


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


 読んでくれた方、ほんとありがとうございます♪ヘ(≧▽≦ヘ)♪
読んだよ♪のポチやコメなどで意思表示していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブロ グ 二次BL小説へ
にほんブログ村

 こちらも変なとこで終わらせてすみません

甘くする予定だったのに・・・orz

 あと残ってるのは・・・mさんのリクですよね?
どのCPにするかが、まだ決まってないんですよぉ

 どのCPにしましょうか?←
どこまでも人任せですいませんm(。≧Д≦。)m

 それとぉ・・・実は、明日のビッポコン参戦するんです♪(どうでも良い報告)
といっても、私はレポは書けないので・・・もし明日参戦の方が居らしたら
年のわりに若い格好で目がグレイを見掛けたら私だと思ってください。←
話し掛けて違くても責任は負いませんが・・・・
っていうか、こんなシミだらけオバチャンに逢いたくないでしょうけど
とりま、興奮してなにも手につかないあんとんの戯言でした。←

関連記事
スポンサーサイト




  1. B1A4
  2. / trackback:0
  3. / comment:8
  4. [ edit ]


comment

Re: 鍵コメゆ〇〇さん

  1. 2014/04/10(木) 14:02:30 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]

ありがとうございます ♬ ヾ(´︶`♡)ノ ♬
ニコ生まだ観れてないんです(´д`|||)
なんでもサインボールが有ったみたいですね?うらやまぁ
全公演演出が違うのかなぁ? 私の時は走り回ってたので・・・

このCP初期に書いてから放置ぎみだったので、書くのに時間が掛かりすぎました (๑>؂<๑)テヘペロ
学パロを好きって言ってもらえて嬉しいです
今長編?書いてるんで、ほんとたま~にですが入れられたらと思ってます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/04/10(木) 09:29:32 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: わぁ~^ ^

  1. 2014/04/08(火) 01:24:11 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
wwww聞きますよぉ♪( v^-゜)♪

終わったあともね?kkk
私もギヨンが気に入ってます♪kkk
きっとこんな子供が良いなぁっていう希望が入ってるからでしょけどね?

無事に生還をお待ちしてます!kkk

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/04/08(火) 01:13:54 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 良かった・・・^ ^;

  1. 2014/04/08(火) 00:38:49 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
 わわわ・・・大丈夫ですか?(´д`|||)
コメの事とかは気にしないでください!!

手術の成功とその後の健康を遠くからですが、お祈りします
      *。
     +゚★*
    ゚。;*|∧ ∧
   ・゚** ∩・ω・ )
   。*:+。・ ノ  ⊃
 +*:*+*・  し-J
:*:゚・ 。

リクの件承知しました。
中々の長編になりそうな雰囲気ですね~♪←ほんとか?kkk

mさん、ゆっくり静養してください。
前程は早くは書けそうもないと思うので・・・・
とりま、今日はオール決定なので最初の部分をゆっくり練って書き出そうと思ってます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/04/07(月) 23:10:08 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おはようございます!

  1. 2014/04/07(月) 17:30:55 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
あんにょ~ん♪(^-^)/

めっちゃ楽しんだよぉぉ♪( v^-゜)♪
おかげで、肩こりと足の筋肉痛に3日程悩まされています。

mさん、わかってるって♪kkk きっと読んでるけど、コメは明けだなって
だから、そんな事言わないで?ねっ?

ビッポ夫婦は初期に1度書いただけで、久しぶりで感覚?を取り戻せないまま
だったので、自分でもちょっと残念です

シヌゥのその発言は照れ隠しと話を反らさせたかったのではと読み返して思いました!←
チャニにはほんと悪いことしたと、反省しています
えへへ(*´ω`*)ゞ ジニョン誉められちゃった♪
ある意味、話をするよりも、現場を見せられた方が諦められるかなぁ?ってww

CP悩むねぇ~確実に今の所はシヌチャニとFTマンネは無いかな?
どちらも、ただのイチャイチャCPな感じがするんです
とりま、夢落ちを現実にしなくちゃだね?kkk

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/04/07(月) 10:11:14 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.