FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

クリスマスの奇跡?



この話の2人は一般人の設定です。
もしかしたら、長いかもですww読めなかったら言ってください






ジョンシン×ミニョク



《ミニョク》


 ある日突然ジョンシンと連絡が取れなくなった!!

 最初はケンカの後だから、お互い頭を冷やすのに良いかと思っていたが・・・

 さすがに1ヶ月も連絡が無いと気になるけど、ケンカの原因が僕なだけにどうやって折れたら良いのか迷ってるうちに時間だけが過ぎていく


 連絡が取れなくてモヤモヤ、イライラしてる内に気が付けばクリスマスイブ

 以前から約束していたから、諦めるかどうするか決めるのに良いかと待ち合わせ場所に向かった



ーーーーーー



《ジョンシン》


 〇〇からおそらく帰る道で俺は事故にあった

 怪我はたいした事無かったが、どうも倒れた時に頭を強く打ち軽い記憶障害になった様だ


 日常生活には一切支障が無いから、事故の事すら忘れそう

 唯一思い出せないのが、何故俺があそこに居たのかということ

 仕事場と家の間でも無ければ、友人が居る訳では無い場所なだけに俺の中だけモヤモヤがつのる

 家族や職場の友人は


「付き合ってる人が居るみたいだったけど、誰なのかは知らない」
「その内連絡が来るだろ?ケータイはダメになったけど、番号はそのままだし」


 と返ってくるだけだった

 確かに手帳にも、クリスマスの予定が書いてある

 俺の方も連絡が来たら事故の事を伝えれば良いやくらいに思っていた


 だが、いくら経ってもそれらしい連絡が来ることもなく

 クリスマスが近付くと共に、誰かとのケンカの夢を見るようになった

 相手の顔には霞がかかっていてよく見えないし、声は聞いた事が有るし・・・

 夢の中の俺は相手の名前を言ってるのに、何故か耳には入らなくて俺は焦ってるのに
夢の中の俺はイラつきながらも冷静に言い合ってるけど


『そんなことわかんないじゃないか!いつの日か僕じゃなくて、女の人の方が良くなるかもしれないじゃないか!』

心の声《えっ?今僕って言ってたよね?》

「あぁ~もう良いよ!!俺の言葉が信じられないなら!!
 帰る!!少し頭冷やせよ!じゃあな!」

《どういう事ですか?Σ(゜Д゜)》



 12月中は毎日のようにこの夢を見るようになり、起きる度に疑問は大きくなる


 クリスマスイブ当日、手帳に書かれた場所に立っていると

 待ち合わせ場所は人が多く居るため、俺には相手がこの場に居るかどうかさえわからない



ーーーーーー



《ミニョク》


 時間ギリギリに着いた待ち合わせ場所は、人が多くて探すのに手間取ったが

 やたらとキョロキョロしながら辺りを見続けてる長身のジョンシンは目立っていて

 思いの外すぐに見付けれた気がするが・・・

 何かがおかしい、ジョンシン程ではないけど僕だってけっこう背は高いし、何度となくジョンシンの視界に入ってるはずなのに・・・・

 まだキョロキョロしてる・・・

 もしかしたらあの後に可愛い娘と知り合って、待ち合わせしてるのかな?


 少し離れた場所でジョンシンを観察してるが、待ち合わせの人は来ないようだ


 30分後

 僕は意を決して、ジョンシンに近付き声を掛ける


「ジョンシン、お待たせ!!」
「えっ・・・・・・・??ハイ?誰ですか?間違えではないですか?」
「はぁ?誰って・・・・・ミニョクだけど」
「ミニョク?・・・・ミニョク、ミニョク」


 僕の名前を何度も繰り返しつぶやき考え込むジョンシンに

《あぁ~僕の存在すら忘れられてたのか・・・・》

なんだかすごく虚しくなって


「やっぱりね・・・もういいよ、この前のケンカは悪かったよ
 これからは人の言葉はもう少し信じるよ、ジョンシンお幸せに」


 そう言って背を向け、その場から離れようとするが
がっちりと腕を掴まれ


「俺はあなた・・・えぇ~とミニョクさん?とケンカしたんですか?それはいつですか?」
「えっ?・・・・ケンカしたのは2ヶ月くらい前かな?」
「2ヶ月くらい前?すいみませんが、〇〇に聞き覚えないですか?」
「〇〇は僕の住んでる街だよ」
「ほんとですか?じゃあミニョクさんの家の帰り道でか・・・・
 あの、ミニョクさんはこの後予定は?」
「無いけど・・・・さっきからなんだよ!僕の事をさん付けするし!!」


 僕の事を知らない人の様に話すジョンシンにイライラして、大きい声を出してしまった様で

 周りの人達に大注目されている


「とりあえずここから離れませんか?
 寒くないですか?ゆっくりと話したいんで・・・・」
「/////そ、そうだね?じゃああっちにスタバが有ったからそこで良い?」


 2人は無言でスタバに入り、コーヒーを手に席に着くと
ジョンシンがこの2ヶ月の話を淡々とミニョクに聞かせた


「えっ?じゃあ2ヶ月前の記憶が無いの?」
「はい・・・というか、ミニョクさんの記憶だけが無いんです。
 早くお知らせすれば良かったんですが、誰に言えば良いのか解らなかったもので・・・」
「そっか・・・・とりあえず、そのさん付けと他人行儀な言葉をやめない?
 なんか僕は存在してないって言われてるみたいで、悲しくなるから」
「はぁ・・・・うん、解った」

「うん、それで事故の後に現場に行ったことは?」
「1回だけ・・・なんでそこに居たのかと思って」
「そこに行っても何も?」
「うん・・・でもそれくらいから、ケンカの夢を見るようになったんだ」
「ケンカの夢?」

「相手の顔は霞がかかっていてわからないけど・・・『そんなことわかんないじゃないか』『いつか女の人が良くなるかもしれないじゃないか』って言われてる夢を」
「あの時のケンカだ・・・ジョンシンは僕にそう言われて『頭を冷やせ』って言って出ていったんだ」
「・・・・・・・・」
「もう1度行ってみる?僕と行けば何か解るかもよ?」
「そうだね、行ってみよう!」


 マグカップを返し、〇〇の事故現場に自然に手を繋ぎ2人で行った




 現場に立っていると、不意に事故の記憶が蘇ってきてジョンシンはその場に座り込んでしまった

 座り込んで微かに震えるジョンシンを抱き上げ、とりあえず自分の家に連れていった


 部屋に着き座らせると、辺りを見回しながら


「夢のままだ!・・・・そう、俺がここに座ってて、ミニョクがそっちに居て」


 そう言うと痛そうに頭を抱えだした


「だ、大丈夫?救急車呼ぼうか?」
「うぅぅぅ・・・・イ、イヤ・・・大丈夫だよ、痛みも軽くなってきたから」


 そう言って少し引きつった笑顔を見せると、ミニョクの手をつかみ自分の方に引き寄せ
ミニョクはジョンシンの胸に閉じ込められた


「////ど、どうかしたの?」
「ごめん、このままで居て?こうしてると落ち着くんだ、それに痛みも引いていく

 ・・・・ミニョクの匂いを久しぶりに嗅んだら、どうしよう?元気になっちゃった////」
「//////な、何言ってるんだよ!それは病院に行ってからだよ!!////」


( •ω•ฅ).。.:*♡ ( •ω•ฅ).。.:*♡ ( •ω•ฅ).。.:*♡ ( •ω•ฅ).。.:*♡


 チャンチャンって事で、最後まで読んでいただきありがとうございます♪
読んだよのポチッ等の意思表示をお願い致します。


にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

 何と言われようと、これで完結です。会話ばかりで読み辛かったらごめんなさい。


 クリスマスイブになんとか間に合ってあんとんは安心です。←間に合って無いとか言わないで~( ´△`)

 1度書き終わったのを見直したら、まあ暗くて暗くて・・・

 無理矢理クリスマスと絡めた感じで、これは止めとこうと思って書き直したので
 ヒヤヒヤしましたが、なんとかですがアップする事が出来ました。

 この話もクリスマス要素を無理矢理入れた感半端無いんですけどね?kk

 暗くならなかっただけ、良しとしときましょう♪

ではみなさまも良いクリスマスをお過ごしください (๐^╰╯^๐)♬

  Merry X'mas & Happye New year ♪



関連記事
スポンサーサイト




  1. 短編
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


comment

Re: ありがとうございます!

  1. 2013/12/31(火) 19:47:42 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
さっむいですねぇ~風邪は大丈夫ですよぉぉ♪
後数時間で年が変わっちゃいますね?

ガキ使うちも観てますよ♪ww
ただ、年越しはジャニーズになりそうな雰囲気ですよ(´д`|||)
今年はたくさんのコメありがとうございました (๐^╰╯^๐)♬
来年も読んでくれると嬉しいです。

パス見付からなかったんですね?
来年でも再来年でも待ってますよ♪焦らずゆっくり
作ってくださいね?

良いお年を~ (。・ω・)ノ゙

管理人のみ閲覧できます

  1. 2013/12/31(火) 18:43:12 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: メリークリスマス♪

  1. 2013/12/25(水) 23:22:15 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
mさん、メリークリスマス♪

そうだね?すぐに謝ればなんて事無いのにね?
ジョンシンが手帳に予定を書く人で良かったよwwwwwww
あんとんだったら、永遠に逢えないよ?ww私手帳は飾りだから

最後に笑いをと思いまして・・・←
いろんな面で元気になっちゃいましたww

管理人のみ閲覧できます

  1. 2013/12/25(水) 13:46:37 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.