FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

ファンへの贈り物


リアップ記事です♪




ドラマの撮影も放送も終わり
もうグンソクヒョンやシネに会えなくなった
学校を卒業した後の様な寂しさが有った

そんなある日


「ドラマがDVDになる記念にオフィシャルDVDを作るから、インタビュー撮るから」


いきなりマネに言われた


「へ~じゃあまたみんなに会えるんだね♪」









 撮影の為スタジオに入り、決められた席に座った
L字型のテーブルに左から俺、グンソクヒョン、監督、シネ、ホンギの順に座った

みんなで、ファンがもう一度見たいシーンを一話から振り返りながらコメントをした

席が近いホンギとシネは顔を近ずけて話していた…
まるで端から見れば恋人同士のようだ
だがこの二人のを見馴れてきた俺はあまりヤキモチを妬く事はない


2時間あまりの収録を終えて、事務所の車に乗り込み


「マネージャー、みんなで食事に行く事になったから!」
「そうか、じゃあ送ってくよ」


待ち合わせのレストランに着き、マネージャーは帰って行った

中に入ると、ホンギが先に着いてた


「ホンギ、お疲れ」


後ろから抱きしめた


「////な、な、な、何だよ!お、お疲れ」
「ククク、そんなに驚くなよ♪やっと近くに来れた…」
「///あっあぁ…」


隣に座りテーブルの下で、手をつないだ
ホンギは、ビックリして真っ赤になりながらキョロキョロしてる


「ホンギ、どうした?熱でもあるのか?」
「あっ!ソギヒョン、シネお疲れ♪」
「ホンスタ♪ヨンファ♪お疲れ♪」
「クククお疲れ、ヨンファもお疲れ」
「グンソクヒョンお疲れ様です!シネもお疲れ」





食べ始め、思い出話や最近の仕事の話で盛り上がった


「ところで…結局二人って…付き合ってるの?」


酔いの回ってきたシネが、もう耐えられないときいてきた


ホ「えっえぇぇ~!」
グ「そんなの決まってるだろ♪」
シ「やっぱり~♪大丈夫誰にも言わないから♪ウフフ」


俺達にウインクした


グ「もちろん俺も」
ヨ「ありがと♪シネ、グンソクヒョン」
ホ「ありがと♪」
シ「も~ドラマ中から気になってて♪
 あ~~スッキリした♪」


もうシネの頭のなかは俺達でいっぱいなのか、そこから話を聞いて無い

そろそろ帰るか、となり「また集まろう」と言って別れた


「ヨンファ、バレてたんだな?」
「まぁ…な」
「ヤバイかな?」
「とりあえずは、大丈夫だろ?撮影は終わっているし…」
「そうだな…毎日一緒に居られなくなっちゃったもんな?」
「さみしいか?」
「…………うん」
「ホンギ、どっか行く?」


真っ赤になりながらも小さく頷く


そして、二人は、街の中へと消えていった



バィ(o・ω・o)ノバィヽ(o・ω・o)キーン(ノo・ω・o)ノ バィ(o・ω・o)ノバィヽ(o・ω・o)キーン(ノo・ω・o)ノ


読んでくれてありがとございます(*≧∀≦*)
ランキングに参加していますポチッとお願いいたします



にほんブログ村 BL・GL・TLブロ グ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




  1. ヨンギ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.