FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

メモリーズ 翌日

 
 なんとか、お約束通りにあげられました
昨日はすいませんでした----===ΞΞΞ \__○ノ ズザーー!!!


ーーーーーーーーーーー


 事が済み久しぶりに心地よい眠りに着けそうだったジニョンだが、このままではヤバイ気がして


 隣で気だるそうに横になるグワンの髪の毛を撫でながら


「グワン、俺あれからちゃんと寝れなくなったんだ」
「そうだったんだ?テレビを見てる限りそんな事を感じなかったよ♪」
「そう?良かった
 でね?グワンに逢えたらなんか良い感じに寝れそうな気がするんだけど、このままだと・・・」
「そうだね?wwwwww帰ろっか?」
「グワン、ごめん・・・」
「うん?大丈夫だよ♪ただ、シャワーするから待っててくれる?」
「うん・・・」
「早く出てくるようにするから・・・
 それとも一緒に入る?wwwwwwな~んて冗談だよ♪待ってて」


 ジニョンの頬をツンツンと押しながら微笑み、バスルームに入っていった

 ジニョンは寝ないように、ゆっくり着替え、冷蔵庫からミネラルウォーターを出し壁に寄りかかる

バスルームから出てきたグワンは、ジニョンの姿に微笑み手早く着替え


「お待たせ、ジニョン」


 そう言って、来たときと逆にジニョンが手を引かれ
外に出ると空が白み始めていた


「グワンは・・・・仕事忙しい?」
「うん?ううん、休みだよ」
「じゃあ、なんでソウルに?」
「あぁ~僕は帰る家が無いんだよ、だからこっちに居るんだ」
「えっ?あっごめん・・・・」
「良いよ♪」

「じゃあ、明日・・・今日か?仕事はまだ休み?」
「そうだけど・・・・どうかした?」
「家に帰って寝れるか不安なんだ・・・
 だから出来れば一緒に寝てくれないかな?まだ離れたくないんだ・・・」
「ふふっ、りょ~かい」


 家に着き部屋に静かに入ると、2人で寝るには狭すぎる二段ベット
ジニョンの布団とサンドゥルの布団を下ろし床に敷き、ジニョンはグワンを抱きしめ久しぶりの眠気に落ちていった





 昼過ぎに騒がしい物音と声にジニョンは目を覚まし隣にあるはずの温もりを探し、探迷う手だが見つからない

 まるで昨日起きたことはすべて夢だったのでは?と落胆した

 だが、微かに自分の服に残るグワンの匂いに夢ではなかった事に気付き
ニヤケ少しだけ気持ちが浮上した


「ジニョンひょん、起きてる~?((o(^∇^)o))」


ガチャっと開き、テンション高いサンドゥルの声に現実へと引き戻された


「うん、起きてる・・・あっそうだ、お帰り」
「シヌゥひょん、ジニョンひょん起きてるよぉぉ♪」


 そう大声で伝えると、ドアを閉めおずおずと近寄ってきた


「ただいま♪o(^o^)o
 俺、実はジニョンひょんに謝らなくちゃいけない事が有るんだ」
「えっ?なんだよ、あらたまって?」


 なんだか解らないがとりあえず体を起こして、サンドゥルに向き合った
サンドゥルはジニョンの前に正座すると


「あの・・・ね?・・・一時期時計がジニョンひょんの元に何度も戻ってること有ったでしょ?」
「えっ?・・・あぁ・・・」
「あれ、僕なんだ・・・」
「はっ?」
「何度か物置で見付けて、誰かがイタズラしているのかと思って静かに戻してたんだ
 でもそれにしては毎日物置に戻ってるし・・・おかしいなとは思ってたんだよ」
「まあ、良いよ・・・ありがとう」
「えへへ(*´∇`*) あっ!ジニョンひょん僕お腹空いたぁ(*゜Q゜*)もうすぐ出来ると思うから早くあっち行こう?」
「えっ、あぁ・・・」


 引っ張られるように部屋を出ると、メンバーとグワンが料理を前に楽しそうにおしゃべり

「「「「おはよぉぉ♪」」」」
「おはよ///みんなお帰り」

「やっと薬無しで眠れたみたいだね?」
「うんうん、最近の中で1番長く眠れたんじゃない?
 薬では長く寝れないからね?」

「それより、早く食べようよ!!
 もうお腹空きすぎて、お腹と背中がくっついちゃう( TДT)」


 みんなで大爆笑して、それじゃっと食べ始めた


 それぞれ実家に帰った時の話で盛り上がっていた


「そういえば・・・・グワン、早とちりって何?」
「あっ、そうだ!あの日急に電話が切れたのは、電波障害だったのに
 僕はジニョンが別れ話を最後まで言えなくて切ったんだと思って、メールしたんだ
 翌日にジニョンからメールで肯定されたし・・・あぁ~ほんとに別れ話だったんだって」
「電波障害?何それ・・・・俺知らないんだけど」

「ニュースでも騒いでたし、翌日もそこいらでその話題で盛り上がってたし」

メンバー「「「「あっ!!」」」」

「あの日から作曲部屋に籠りっきり・・・」
「えっ?誰も教えなかったの?」

サ*バ「「ヤバイ!!」」

「お・ま・え・ら~!!」

サ「僕達だけじゃないよ~( ; ゜Д゜)」
バ「シヌゥひょんとチャニだって!!」
「はあ?」
ゴ「僕達は知らないよ~♪」
サ*バ「「そんなぁぁぁ」」


テーブルの周りを追い掛けっこするジニョン、サンドゥル、バロ
それを、笑いながら見ているシヌゥ、ゴンチャン、グワンだった



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


 マイペースにコツコツ書いていきますね?読んでくれた方、ほんとありがとうございます♪ヘ(≧▽≦ヘ)♪
読んだよ♪のポチやコメなどで意思表示していただけると嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブロ グ 二次BL小説へ
にほんブログ村

 はい、これで終わりです。
お付き合いいただき、ありがとうございました

そして昨日はいろんなご意見ありがとうございました

とりあえず今候補に上がってるのが

AMのグオンとPMのチャンソン
CNのバニさんとFTのジェジ
ビッポのバドゥル
嵐の大野くんと松潤←
B.A.Pのグクとジュノ

 なんですが・・・・皆さん貴重なご意見ありがとうございます
思いの外のたくさんのご意見にどないしよぉぉ (ó﹏ò。)と嬉しい悲鳴です
ちょっとだけ悩んでもいいですか?

このKポの部屋に嵐などというご意見をした、Mちゃんあんたは強者だよ!←
あっ!!いつもコメくれる、mさんとは別人です。誰も聞いてない?wwwwww

決まったら登場人物と簡単な設定をお知らせします。
候補者のご意見いただけたらそのカップルになるかも・・・←

関連記事
スポンサーサイト




  1. ジニョン×グワン
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


comment

Re: フフフ^ ^

  1. 2013/11/18(月) 11:34:41 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
カギコメmさん

コメありがとう♪(*゜Q゜*)
ほっこりしてもらえて、良かったです
暗めの話だったので、最後にオチみたいにしてみました

あの・・・すいませんm(。≧Д≦。)m
この間書き忘れたんですけど、チャンソンがわからないんです
名前は知ってるんです。ただ・・・顔がよく・・・
すいませんm(。≧Д≦。)

管理人のみ閲覧できます

  1. 2013/11/18(月) 10:02:59 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.