FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

ラストクウォーター   15



 病院に駆け込んできたシヌは集中治療室に向かった
そこには、社長、マ室長、テギョンが居た

「ジェルミは?」


 テギョンが無言でガラスの向こう側を指す
そちらを見ると、心臓マッサージをされてるジェルミの姿が
壁をおもいっきり叩きつけ


「どうして!お願いだよ・・・戻ってきてくれよ」


ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・ピーーーーーー


「ジェルミーーーーー」


テギョン達の大声と崩れ堕ちるシヌ



.。:+*゚゚*+:。..。:+*゚゚*+:。. .。:+*゚゚*+:。..。:+*゚゚*+:。.



 森の中


 門を見付けたジェルミは門にすがり付く様にジョンシンの名前を叫んでいた


「ジョンシーン・・・ジョンシン、何処に居るんだよ (ó﹏ò。) ずっと一緒だって言ったじゃないか・・・早くここを開けてよ・・・グスッ」


 門をガタガタと揺らしていると、中からラストクウォーターが聞こえてきた


「ジョンシン!!」


音が消え、ボゥッと青い炎を纏ったジョンシンが姿を現した


「どうして僕は入れないの?僕も入れてよ!!」
「出来ないよ・・・ボクは19年に1度のタイミングであの日君をこっちの世界に連れ去ろうと最後の力を振り絞って・・・
 でも出来なかった、君はミニョクじゃないから・・・君にはたくさん支えてくれる人や必要とする人がいる、だからあの日、君を呼ぶ声が君に聞こえたんだ」
「そんな・・・」
「大丈夫だから、彼の事信じてあげなよ?君も奥底では彼を許して求めていたんだよ?だから彼の呼ぶ声が聞こえたんだ」


ジェルミの手が急にポワンと暖かくなった
姿が見えないのにそのぬくもりは誰のものかわかった


「シヌ?・・・・・」
「ほらね?君を待ってるよ?」
「ジョンシン、ありがとう・・・僕の事を許してくれて・・・」


フッとジェルミの姿がミニョクに変化した


「ジョンシン、ごめんね?ずっと一緒に居るって約束したのに僕が死んじゃって・・・憎んだ?約束を守れない僕を
 僕はすぐに転生してジョンシンに会いに行こうと思ってたのに、なんで死んでしまったの?」
「ご、ごめん・・・ミニョク」
「ジョンシンは良いことしたんだから、きっと神様も許してくれるよ♪19年も苦しんだしね?これからはほんとにずっと一緒だよ?」
「ありがとう、ミニョク」
「もうジェルミを彼らに返して上げよう?」


スッとジェルミとミニョクに別れると何処からかミーがやって来て“ニャー”と言ってジェルミを連れていった


《神様お願いします、彼らを天国に導いてあげてください・・・・彼の愛したギターと煙草を忘れずに・・・
 僕は彼らに誇れるよう、天命を全うして自然にこの門が開かれる日までちゃんと生きます》



.。:+*゚゚*+:。..。:+*゚゚*+:。. .。:+*゚゚*+:。..。:+*゚゚*+:。. .。:+*゚゚*+:。..。:+*゚゚*+:。. .。:+*゚゚*+:。..。:+*゚゚*+:。.



最後まで読んでいただき、ありがとうございます
もし宜しかったらポチッとお願いします


にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


ちょっと短めですがここまでです
そして、予定では次の更新がラストになります。

明後日をお楽しみに (✪ฺ´▽`✪ฺ)✌

関連記事
スポンサーサイト




  1. ファンタジー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.