FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

ラストクウォーター 加筆あり

 お久し振りです。あんとんです♪
NLを読んでる人にはそうでもないですね?kkk
 このお話はちょっと現実と過去の記憶が入り交じってますので読み辛いかもしれないのでお気をつけください
一応気を付けて書いていきますが、おかしかったり、わかんねぇよ!って時は言ってください

 そして、登場人物の名前が虚像と現実が交錯するかと思います。
ファンタジーみたいに思ってくれると助かります

このお話だけ、ジェルミは20歳でシヌは22歳です



.。:+*゚゚*+:。..。:+*゚゚*+:。. .。:+*゚゚*+:。..。:+*゚゚*+:。.


♪~Where you are you? I want to tell this thought ...
So where has love gone ? will I ever reach it
The cape of Storm echoes the pain I feel inside ~♪


 なんだか最近よく見上げる夜空
夜空を眺めながらいつも口ずさむ曲
誰も知らない曲テギョンひょんも親も知らない曲・・・何故か僕だけが知ってる曲

シヌひょんが仕事で遅い日やケンカした時の僕の楽しみが最近出来た
/

「あっ!?今日は三日月だね♪kkk
 これから満月になっていくんだよね?ふぁいてぃん!」


 最近お気に入りの近くの公園のベンチに座って独り言をつぶやいた
周りの建物より少しだけ高台のこの場所は深夜の公園だけあって、誰も居ないから月と会話してても聞かれる心配がない


「ぷっ・・・あはははは」


 声のする方を見ると、長身の髪が長いキレイな男の人?が大爆笑していた
まさかこんな時間に人が居るとは夢にも思わなかったジェルミ
しかも独り言を聞かれるし・・・もう穴が有ったら入りたい気分だった
いまだに笑い続ける人を一睨みする


「いつまで笑ってるの?いい加減止まらない?」
「ごめん、ごめん・・・クッ・・・フフフ
 すぐに・・・止めるから・・」


 目の端に涙を溜めながら笑いを止めようと必死の彼に、なんだか可愛い気がしてジェルミからも笑いが出た
安心したという表情で隣に座ると


「あっ!?良いね♪ジェルミは笑ってるのが1番だよ
 仕事とかの作った笑いじゃなくて、心からの笑いがね」
「あっ・・・バレてたんだ、僕がジェルミだって・・・ありがとう、あなたの言葉心に止めとくよ
 じゃああなたにこの場所をあげるよ♪まぁ僕の場所でもないけどね」


 そう言ってベンチから立ち上がるジェルミ
その腕を捕まれてベンチに引き戻される
その行動に普通なら怪しさを感じるが
なぜかいっこうにそんな気にならない
逆に心がふんわりした、まるでシヌひょんに抱きしめられてるかの様に


「ボクはジェルミをずっと見ていたんだ・・・前世の約束だからね♪」
「前世の約束?」
「そう・・・前世で約束したんだ」


 前世の約束と聞いてビビッと全身に電流が走ったようで
彼の瞳に吸い込まれるように見いっていた





気付くとジェルミは古ぼけた一軒の洋館に居た
その部屋のあちこちが初めて見たハズなのに、懐かしく思えたのは何故なのだろう?


「ここに住んでるの?・・・あぁ~そういえば名前・・・」
「ジョンシン・・・」
「ジョンシン・・・素敵な名前だね?
 ジョンシンはここに1人で住んでるの?」
「うん・・・1ヶ月だけ借りてるんだ」
「そっか・・・あまり居られないんだね?」
「ごめんね?」
「また遊びに来ても良いかな?」
「もちろん♪」
「ありがとう、今日は帰るよ」


 ジェルミの《帰るよ》に悲しそうな顔で頷くジョンシン
帰りづらく、後ろ髪を引かれる思いでジェルミは洋館をあとにした



 エンジェルハウスにはまだ誰も帰っていないようで、淋しい思いと良かったという思いが複雑に絡んでいた


「こんな時は寝るに限る!明日も早いしね♪」


誰に言うわけでもなく、自分に言い聞かせるように
部屋で寝間着の代わりのTシャツと緩めの短パンに着替えベットに入るが、なかなか寝付けなくてリビングに降りて缶ビールをあおる


 シーンとした家にジェルミがビールを飲み込む音と缶を置く音だけが響いていて
世界には自分1人しか居ないのではと思えてきて泣きたくなってきた

♪~Where you are you? I want to tell this thought ...~♪

遠くでドアの開く音に安堵する
帰ってきた愛しの人に笑みが溢れるが、酔っぱらって帰ってきた愛しの人は
満面の笑みで抱き締めてくれてるのに、どこかおかしい気がした



.。:+*゚゚*+:。..。:+*゚゚*+:。. .。:+*゚゚*+:。..。:+*゚゚*+:。. .。:+*゚゚*+:。..。:+*゚゚*+:。. .。:+*゚゚*+:。..。:+*゚゚*+:。.



もし良かったら、読んだよのポチッをしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

このお話はほんとに不定期に更新されます。
明日かもしれないし、1週間後かもしれない・・・
こんなあんとんですが見捨てないでくださいね?

あっ!それと、更新してないのにポチッをしてくれた方々ありがとうございました
こんなに上位に居たことがないのでなんか夢を見ているようです (ó﹏ò。)

あと・・・おもいっきし個人的な用なのですが、どなたかジェルミとジョンシンが一緒に写ってるサジンお持ちではありませんか?
贅沢は言いません、ホンギとジョンシンでもいいです♪
合成でもなんでも良いですお知らせください
ただし、ジョンシンは女神の時のロングヘアー限定です♪
関連記事
スポンサーサイト




  1. ファンタジー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.