FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

好きなんだ   36


 大阪のショーケースが終わり、メンバーとスタッフ達で打ち上げをおこない楽しく一次会を終わらせた
スタッフ達は二次会に行くと、盛り上がっていた
俺達は疲れてるからとホテルに引き上げた




ホテルに戻ると、メンバー達と作戦会議をすることに


バ「まずは、グワンさんをあそこから連れ出さないとね?」
ゴ「早く連れ出さないと、グワンさん酔っぱらっちゃうよ」
サ「やっぱり・・・坪井さん?」
ゴ「だろうね・・・・・・・・・僕たちの事わかってるからね?
 あの集団の中限定だけどねぇ~♪ひひひっ」
ジ「1番は・・・・マネひょんだからね♪kkk」
サ「んで、坪井さんになんて言う?
 ショーケースは終わったし・・・ごはんは終わってるし・・・う~ん・・・」
バ「サンドゥリはいつもメシの事ばっかだな?kkk食いしん坊のア・ヒ・ル・ち・ゃ・ん?kkk」
サ「なんだとぉ!? (゙ `-´)/ ガルル」
ジ「ハイハイハイハイ・・・ケンカは後にしてねぇ?
 今はグワンをあそこから連れ出して貰う方が先だからね♪」
シ「素直にグワンさんに話があるで良いんじゃない?下手な小細工はしないでさぁ・・・・・・」
ゴ「っと言うことで、ジニョニひょん」

「「「「ふぁいてぃ~ん♪kkk」」」」

サ「自分の事は自分でねぇ♪kkk」
ジ「はぁ~・・・ハイハイ・・・」


ため息をつきながら電話をかけた







今日の為にレンタカーを借りておいた
二次会をしている居酒屋近くに車を止め坪井さんにTEL

車を出て待っていると、キョロキョロしながら出てきたグワン


ジ「グワン!」
グ「 キョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ あっ!ジニョン
 どうしたの?こんな所に来て大丈夫なの?」
ジ「うん、大丈夫だよ♪とりあえず乗って」


助手席のドアを開けてグワンが乗るのを待つ
わけがわからないという表情で乗り込んだグワンに苦笑気味のジニョン
ドアを閉め急いで運転席に乗り込み


ジ「はい、しゅっぱ~つ♪」
グ「しゅっぱ~つ♪kkk」
ジ「グワン、酔ってる?」
グ「ううん♪っで、何処に行くの?」
ジ「秘密だよ♪kkk 着いてからのお楽しみだよ」


とても楽しそうなジニョンにしつこく聞くのは悪いかな?と思い黙って乗っていようと思ったグワンだった





゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。



にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


数日中にアップされると思いますので、気長にお待ちを(๑•̀ㅁ•́ฅ✧どやっ

関連記事
スポンサーサイト




  1. ジニョン×グワン
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.