FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

うるう年のうるうの日? 番外編

CNのみんなが暮らすマンションの1室

恒例のマンネの部屋

2人でパソコンで何やら作業中?

S「ねぇ?ミニョクこれ見て?」
M「うん?」
S「これあんヌナの友達の所なんだけど・・最後の1文
“4年に一度しか来ない今日

みなさんも

大切な人に

『のむのむちょあ』

を届けてください”だって!」
M「じゃあ、ぼくたちも届けなくちゃ♪まずは誰にする?」
S「やっぱり、ひょん達じゃない?」
M「そうだね♪じゃっ!まずはジョンヒョニひょんだ!レッツゴー!!」
S「でも、隣の部屋だよ?」

ジョンシンのこの声はミニョクには聞こえてない

なんだかちょっとテンション高めでジョンヒョニひょんの部屋のドアを叩く2人

S.M「「ヒョニひょ~ん♪のむちょあ~♪」」
H「はぁ?い、いきなりなんだよ?」

ドアを開けたと同時にジョンヒョンに抱きつく2人に事態がまったくのみ込めない様子

S「えっ?さっきblogを読んでたら、4年に1度の今日大切な人に“のむちょあ”を届けてって書いてあったから・・・」
M「ぼくたちも届けなくちゃって思って・・ヒョニひょんの所に来たんだけど?」



子犬のようにうるうるした目で見つめられ
何も言えなくなったジョンヒョン

「「じゃあ!お邪魔しました~♪」」

嵐のように去っていく2人を見送り
いまだに何がおきたのか把握できずに1人部屋の真ん中でたたずむジョンヒョン

ヒョニひょんの部屋を出たぼくたちは、ヨンファひょんの部屋の前に立つが

M「ねぇ?さっきホンひょん来てたよね?」
S「うん・・・さっきまで2人でリビングでTV観てたよね?」
M「という事は・・・ゴク」
S「どうしよう?」

ドアの前で悩んでると
いきなりドアが開き目の前にTシャツとパンツのヨンファひょん

「「あっ!」」
「何?」

邪魔されてイラっとしてるのかいつもみたいな笑顔がない

S「えっ、あっあの・・・」
M「のむちょあ~♪」
S「のむちょあ~・・・・」
M「それが言いたかった・・だけ・・です・・・」
S「お邪魔しました・・・ホンひょんにも伝えてください」

2人ヨンファの目から逃げるように部屋に戻る

S「はぁ~ビビった~」
M「ね?あれかなり怒ってたよね?」
S「うん・・・どうしよう?」

トントン

ドアを叩く音にビクッとする2人

H「ミニョク、ジョンシン?あのさぁ…」

ドアから顔を出したジョンヒョンに2人安堵の息を吐く

M「何?ヒョニひょん?」
H「俺達に言う前にお互いに言ったのか?」
SM「「えっ!?あっ!」」
H「別にいいけどね・・・気になっただけだから」
S「ありがとう・・」

頷きドアを閉めたジョンヒョン
マンネの2人は顔を見合い苦笑して

MS「「のむのむちょあ~ん♪」」

と抱き締め合ってベットに倒れ込んだ


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

あんにょ~ん、あんとんです(*≧∀≦*)

この後きっとヨンファに何か言われたでしょうね?( *^艸^)?
今日、チームピンクのある方のblogを読んでたら思い付いて書いてみました

更新の遅い私からいつもここに来てくださるみなさんにも届けます!

『のむのむちょあ~♪』

みなさんも家族や恋人に言ってあげてください

本編も書かずにすみません

良かったらみなさんからの“のむちょあ”の代わりにポチをお願いします

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
Android携帯からの投稿
関連記事
スポンサーサイト




  1. ジョンシン×ミニョク
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.