FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

好きなんだ   9


 ジニョンを渡し帰ろうとするグワンとシウをバロとゴンチャンが引き止めた
家に入る事に躊躇するグワンとシウだったが“まぁまぁそんな事言わずに”なんて言われて気付けばメンバー達とお茶を飲んでいた



ゴ「先に言っておきますが、僕達グワンさんがジニョンひょんから消えた理由なんとなくですが察しはついてんです」
グ「えっ・・・・」
シ「あっ!俺達だけで、ジニョンは気付いて無いです」
バ「言うつもりもないですし、ジニョンひょんが幸せなら俺達は反対するつもりも無いです」
サ「でも・・・・仕事の事を言えないにしても、ちゃんとジニョンひょんと話してください・・・・
 最近のジニョンひょん見ていられないくらい落ち込んでたんで・・・・」
グ「・・・・・・・・・・・」

ゴ「ジニョンひょんはきっと真実を知っても、グワンさんを軽蔑しないと思います」
シウ「グワンが消えた理由はそこだけでは・・・・・」
グ「シ、シウ・・・・」
シ「ジニョンの・・・いえ、ジニョンと俺達の事を心配してくれたんですよね?
 仕事の事で、ジニョンや俺達が何か言われんじゃないかと」



 ビックリした表情でシヌゥを見詰めるグワンとシウ
フフっと笑い、グワンとシウを見つめ返すシヌゥ



サ「そういえば、グワンさん何か有ったんですか?スーツなんか着て」


そう、先日シウに言われて現実逃避は止めなくてはと思い、地道に就職活動をしていたグワン


グ「ちゃんとした仕事に就こうかと思って・・・・」
ゴ「そうなんですか・・・・いつまでも続けられないですもんね・・・・」
シ「面接の帰りって感じですもんね」


バ「あの・・・・2人の関係は?」


いきなり脈絡も無く質問して来たバロに何を聞かれたのかいまいちよくわからないという表情のグワン


グ「へっ!?」
シウ「俺達はただの元同居人です。」
バ「あぁそうなんですか・・・・すいません変な事聞いて」
ゴ「元同居人?って事は・・・・」

グ「引っ越したんです、あそこに住んでると前に進む気持ちが揺らぎそうだったから」
サ「スゴく勇気がいったでしょうね?」
グ「僕なんてまだまだです・・・・シウの方がもっと先まで考えてるから・・・・
 シウは大学に行こうと頑張ってるし」
シウ「/////そんな事無いよ・・・・・」


シ「ちょっとごめん・・・・・」



そう言って、ジニョンが眠る部屋に入っていったシヌゥ
その背中を悲しそうに見つめるゴンチャン



グ「あの・・・僕達は帰ります。
 ジニョンさんには、必ず連絡するのでと伝えて貰えますか?」
サ「必ず伝えます・・・おれ達も待ってますから!」

ゴ「あっ・・・グワンさんに教えたアドレス間違えて教えたそうなんで、ケータイ貸して貰えますか?」
グ「えぇ、どうぞ・・・・じゃあ僕からのメールは・・・・」
ゴ「届いてますよ?シヌゥひょんに・・・」


ケータイをポチポチしながらもグワンに答えるゴンチャン
サンドゥルとバロは?をたくさん飛ばしながらゴンチャンを見ていた


ゴ「はい、完了♪」


グワンにケータイを返すと、グワンとシウは帰っていった
ゴンチャン何か言いたげに見つめる2人


ゴ「・・・・うん?」
サ「イヤ・・・・なんでジニョンひょんシヌゥひょんのアドレスを書いたのかなぁって」
ゴ「フフフ・・・・そんなのひょん達のアドレス見比べればわかるよ♪」


そう言って、アクビをしながら部屋に入っていった


残された2人は顔を見合わせていたが、急いでケータイを開き、サンドゥルはジニョンの、バロはシヌゥのアドレスを表示させ見比べた


ジニョン:foxーbear.****16@ーーーー.com
シヌゥ:foxーbear.****18@ーーーー.com


サ「ほぼ同じ・・・・数字が違うだけだ・・・」
バ「っていうか、シヌゥひょんのアドレスゴンチャン知ってたんだ?」
サ「???・・・・そりゃ知ってるだろ」

バ「・・・・・サンドゥル?知らないの?シヌゥひょん、頑なにゴンチャンにアドレス教えないんだよ?」
サ「もしかして・・・これのせい?っていうかシヌゥひょんもアドレスを変えれば良いのに」
バ「ほんとだよ・・・・」




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




最後まで読んでいただき、ありがとうございます
もし宜しかったらポチッとお願いします


にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking




関連記事
スポンサーサイト




  1. ジニョン×グワン
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


comment

Re: タイトルなし

  1. 2012/10/23(火) 15:49:04 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
どなきっちゃん、コメありがとうv-10

遅くなってごめんよ~v-292

グワンくん、いつまでもうじうじ考えてちゃいけないと気付いたようで
地道に就職活動始めました!


> シヌゥはどうしてゴンチャンにメアドを教えないんだろ?
> ジニョンと何かあったのかな?でも、ゴンチャンも何で知らないはずのメアドを知ってんだろ?う〜ん、気になる〜。

えっと・・・シヌゥは未だにジニョンとのおそろいアドレスのままだけにゴンチャンには知られたくなかったんだろうね・・・・

ゴ「僕は何でも知ってるんだよv-344kkk  でもね、その事については詮索しないであげて?
 このヌナあんまり考えてないみたいだから・・・・」
あ「失礼な!!!あんたがその可愛さでいろんな情ほ・・・・・ウグ」

命の危険にさらされた気分に・・・

  1. 2012/10/14(日) 17:17:32 |
  2. URL |
  3. どな・きち
  4. [ edit ]
グワン君、就職活動始めたんだね。シウくんやジニョンを見て、自分も変わらなきゃって思ったのかな?


シヌゥはどうしてゴンチャンにメアドを教えないんだろ?
ジニョンと何かあったのかな?でも、ゴンチャンも何で知らないはずのメアドを知ってんだろ?う〜ん、気になる〜。

続き、待ってます。



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.