FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

FACE 番外編  JSセンイル

今日はイ・ジョンシンssiの22回目のセンイルです♪ヽ(*´▽)ノ♪ワーイ

と言うことで、ソンムル話を書いてみました・・・ 

韓国年齢に疎いオイラですが・・・合ってるよね?(( ̄_|チラッ
間違えてたら教えてください・・・即座に直します!そして土下座します!






*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:






ピンポーン・・・ピンポーン・・・



朝早く、ジョンシンの家のチャイムが鳴った
目を擦りながらドアを開けると、大きな荷物を抱え笑顔で立っていた


「もしかして寝起き?」
「うん・・・あれ?今日練習だったっけ?」
「今日は休みだよ♪とりあえず顔洗ったら?」
「えっ?あっあぁ・・・」


?をたくさん飛ばしながら、ジョンシンはミニョクに言われた通り洗面所に入っていった




 ドアが閉まると同時に荷物の中から大きな箱を冷蔵庫に入れ、一緒に飲み物を入れてドアを確認




 安堵の息を吐くとミニョクはキッチンでスクランブルエッグとトーストを焼き、コーヒーを入れているとジョンシンが洗面所から出てきて


「いい匂いだね・・・ミニョクが作った朝食が食べれるなんて嬉しいな♪」


後ろから抱き締め、ミニョクの肩に頭を置き首筋の匂いを嗅いでいた


「擽ったいよ・・・・・・ほら、冷める前に食べようよ♪」


笑顔で振り返ったミニョクにchu!っと唇に落とすとお皿を持ちテーブルに
その後ろをカップを2個持つミニョクが続いた




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:




食べ終えた2人は、イチャイチャしていたが時計を見たミニョクが慌てて


「ジョンシン、僕買いたい物が有るんだ!買い物に付き合ってよ♪」
「どうしたの?・・・・まぁいいけど・・・・」
「ありがとう♪chu!」
「/////・・・・・・」


手を繋ぎ、ラブラブな空気を出しながら街にくりだした




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・




 夕方買い物から戻り、カギを差し込んで気付く



『カギが開いてる・・・・まさか・・・泥棒?』



チラッとミニョクを見ると、カギを差して焦っているおれに“うん?”と首を傾げている



「ミニョク・・・・危ないから・・・」
「中に入らないの?・・・ほらほら♪」
「危ないよ・・・」
「何言ってるの?入って入って♪」


笑顔で部屋の中に押し込まれると





パーン・・・パーン・・・パーン・・・(^_^)∠※(^_^)∠※(^_^)∠※





聞き慣れない音にビックリしていると、頭の上から紙テープが落ちてきた


音のする方を見ると、ひょん達が玄関にクラッカー片手にニヤニヤしながら立っていた



「えっ?・・・ヨンファひょんにホンギひょん・・・ジョンヒョニひょん?・・・
えっ?何で僕の家に居るんですか?」



あまりのビックリに思考能力が低下したジョンシンを4人は部屋の中央まで引っ張るように連れてくると





「「「「ジョンシン、センイルチュッカヘ~♪」」」」



「へっ?・・・・センイル?誰の?」
「はぁ!?・・・誰の?って9月15日はジョンシンのセンイルだろ?」
「はぁ・・・確かに・・・15日はホンギひょんの言う通りおれのセンイルですけど・・・」
「ミニョク、もしかしてジョンシン頭打った?」
「ヒョニひょん・・・僕に聞かないでよ・・・」
「ジョンシン?今日は何月何日?」


あきれた顔でヨンファが質問した


「今日は・・・・」



そう言ってケータイを確認する



「えっ?・・・センイルだ・・・今日はおれのセンイルです!?」
「お前、仕事のし過ぎなんじゃないのか?自分のセンイルを忘れるなんて・・・
 俺達が来なかったら、センイルに気付かずに過ごしたって事か?」


そうホンギが聞くと、4人が大きくため息を吐いた・・・


だが、ホンギが気持ちを切り替え


「とにかく、パーティしようぜ?」



そう言ってお誕生日席に座らせられたジョンシンの目の前に
この家には有るはずの無い、少し大きめのテーブルに所狭しと料理とビールが並んでいた



ジョンシンの右側にミニョクとジョンヒョン、左側にヨンファとホンギが座っていた






*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・






 部屋が薄暗くなってきて、料理をほぼ食べつくし、ほろ酔いの5人



「あっ!ひょん達、テーブルの上片付けて!」



何かを思い出したミニョクがそう言いながら、キッチンにフラフラと歩いて行った


手には少し大きめの箱を抱え、嬉しそうに戻ってきた


料理が乗っていたお皿を重ねて場所を作ると、ジョンヒョンが箱を受け取りテーブルに置く


箱の上部を持ち上げると

中央に“ Happy Birthday ”と書かれたプレートと

“1”と“7”の数字のろうそくが刺さっていた

(韓国って高1は17歳ですよね?違ってたらごめんなさい)



ろうそくに火を灯し、4人がバースデーソングを歌い終えると


ジョンシンは願い事を心の中で唱え、吹き消した


“わ~♪”と歓声と拍手の後、部屋の電気が点くと



 明るさに目が慣れずボ~っとしていると、チョンッと右頬に冷たい感触が・・・・・


 頬を触りながらミニョクを見ると、ニヤーと笑いながらクリームの付いた指を差し出していた


 そこから、4人にクリームを付けられ
ジョンシンも負けじと付け返し、5人の顔はクリームだらけに・・・


5人はあらかた付け終えると、タオルで顔を拭きつつ
残りのビールを飲んでいた



「ミニョクゥ・・・ここまだクリームが付いてるぅ・・・」
「えっ?どこどこ?」
「違うよ?こっちぃ・・・ペロッ」



耳の近くにまで飛んでいたクリームを舐め取りニコリと微笑むジョンシン
そんなジョンシンの行動に顔を紅く染め、俯いたミニョク



「もしかして・・・・ジョンシン酔ってる?俺達が居ること忘れてないよな?」
「何言ってるんですかぁ?ホンギひょん・・・
酔ってなんか無いですから~♪」



「「「コイツ絶対酔ってる!」」」




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



あんにょ~ん♪あんとんです♪


同じ時間にアメブロのマンネCPの部屋でもアップされてます

まぁこの時間にアップなので、エロは一切無いけど・・・
ヨンファとミニョクの時は書けたエロが書けない_| ̄|○

只今、おもいっきりショボくれ中・・・・(笑)←


最後まで読んでいただき、ありがとうございます
もし宜しかったらポチッとお願いします

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




  1. FACE
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]


comment

Re: タイトルなし

  1. 2012/09/16(日) 01:07:29 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]

えりちゃん、コメありがとう(*≧∀≦*)

昨日は、ジョンシンのセンイルでした♪♪ヽ(´▽`)/ワーイ

まだ21だもんね・・・若いよね!?
何と無くセンイルのお話を書いてると落ち込んでくるよ・・・
オイラの年齢を突き付けられてるみたいで・・・(汗)

> 酔ってないって言う人は酔ってるのよっ。

そうなんだよね・・・(^_^;) オイラは酔うことがあまり無いので、よくこのセリフを聞いて心の中で突っ込んでたよ・・・・

楽しくて、酔っちゃったジョンシンはミニョクしか見えてないよね♪(笑)
かろうじて、周りの声は聞こえてる様なので・・・


Re: 気にしないで♪

  1. 2012/09/16(日) 00:53:51 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]

どなきっちゃん・・・・

焦って言い訳・・・可愛い♪(笑)

そうだね♪ドラマ週2回の放送だから、見るの大変なんだろうね♪(笑)

きっとこの2人なら、見逃すからって録画したのを溜めて見てるかもね♪←
(これリアルにオイラの事だけど・・・・気付いたら3ヶ月過ぎてる事が多々あり(汗))

  1. 2012/09/15(土) 17:26:10 |
  2. URL |
  3. えりい
  4. [ edit ]
今日はジョンシンのセンイルだね。
おめでとう~♪

まだ満で21だよ、若いね~~!

いやん、よっぱらったジョンシン、ミニョクにぺろってしちゃって~♪
酔ってないって言う人は酔ってるのよっ。
皆にお祝いしてもらってよかったわね。
でもジョンシン忘れてるんだもん、自分の誕生日(^o^;)


  1. 2012/09/15(土) 13:41:27 |
  2. URL |
  3. どな・きち
  4. [ edit ]
あはっ・・・あははは・・・。(アセアセ)

きっとね、ドラマ見るのが忙しいんじゃないかなあって思ってさ。みにょたんと一緒に練習が終わったら見てるんだよ!(すんごい言い訳。汗)

ごめんよ〜、FACEのセンイルなのにね〜。
自分のアホさ加減にコメ書くの、自分でも怖くなるわ〜orz  でも書く(爆)
あんちゃんならきっと、どなきちあほじゃね?ってわかってくれるはず!(って勝手に解釈)

お話、ありがとう。

Re: タイトルなし

  1. 2012/09/15(土) 12:31:01 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]

どなきっちゃん、コメありがとう(*≧∀≦*)

そう!ジョンシンのセンイル!

オイラも11時に起きた・・・(笑)


> そうだよね〜、ドラマに練習にってジョンシン忙しくて、自分のセンイルすら忘れてそうだよね〜。でもちゃんと覚えててくれたひょん達と、最愛のみにょたんのお祝い。きっと嬉しかったよね。

ド、ドラマ?・・・あれ?これFACEだよね?
オイラ書き忘れてたかな?o(T△T=T△T)oオロオロ

オイラのセンイルのお話に付き物のエロを少~し投入・・・kkkk

あっちにも行ってくれてありがとう(*≧∀≦*)

  1. 2012/09/15(土) 12:01:05 |
  2. URL |
  3. どな・きち
  4. [ edit ]
そう、あんちゃんとどなきちのだ〜いすきなジョンシンのセンイルだよね〜。
って言いながら今起きたばっかのどなきち(笑)
PC立ち上げて、あんちゃんがお話書いてるって分かって慌てて飛んで来たよ(笑)

そうだよね〜、ドラマに練習にってジョンシン忙しくて、自分のセンイルすら忘れてそうだよね〜。でもちゃんと覚えててくれたひょん達と、最愛のみにょたんのお祝い。きっと嬉しかったよね。

きゃ〜、みにょたんの耳元のクリームを舐めとるなんてっ!ジョンシンてばえっち!
どなきち、どこにつけようか!?え〜っと、唇でしょ、耳元にそれから・・・。あ〜、ありすぎて全身クリームだらけになりそう(爆)

ひょんたちには早くお帰りいただいて、それからはみにょたんにあま〜いセンイルのソンムルもらわなきゃね?(笑)酔ってる方が長持ちするらしいしね〜www

さ〜てとっ。もう一つのお部屋にいってこよ〜!
エロ話じゃなくてもいいの、ジョンシンはどなきちが色々教えるからさ〜(笑)
あ、みにょたん。石投げるのははダメよ、今日はジョンシンのセンイルだからさ、思いっきりあま〜い時間をお過ごし下さいませwww

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.