FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

BLUE MOON 17

ヨンファ「ミニョク、本当に良いんだな?もう後戻り出来なくなるんだぞ?」
ミニョク「大丈夫だよ!僕はジョンシンとずっと一緒に居たいから」

 ヨンファとホンギは顔を見合わせて頷くと、ホンギが自分の腕に傷をつけミニョクに血を吸わせた・・・・



ドキン・・・・ドキン・・・・


思いのほか、躊躇う事無く吸い続け、ホンギの命の危険が迫っていた・・・


ホンギ「ミニョク、離れろ!」

言われている意味が解らないのか、必死に吸い続け離れないミニョクに
ヨンファがホンギとの間に入り、突き飛ばした

 ホンギがヨンファの胸に倒れ込みホンギの腕に残る傷痕をペロッと舐めた
 突き飛ばされたミニョクは部屋の隅で見ていたジョンシンが抱き締めていた

ヨンファ「ホンギ大丈夫か?俺の血吸うか?」
ホンギ「大丈夫だよ・・・少し休めば・・・今はミニョクが先だよ!
 ジョンシン、ミニョクをちゃんと抱き締めてやれよ?これからかなり苦しむから」

 ミニョクの体がまるで高熱が出たかの様に震えだし、もがき苦しむ様に暴れだし
 抱き締めているジョンシンはそれだけで苦しそう

ヨンファ「ジョンシンはすでに肉体の死が近かったから、それほど苦しまなかったが
 俺達やミニョクはそれ相応の苦しみが伴うんだ、何故ならこれからは生命に逆行して生きていかなくてはいけないからな?」

ミニョクの苦しみに寄る震えが不意に止まると、瞳がくるっと一回転し静かに目を閉じた

次の瞬間、開いた瞳が一瞬紅く光った

ホンギ「ようこそ、ヴァンパイヤの世界へ」
ヨンファ「よく耐えたな?」
ミニョク「ねぇ?さっきのあれは何だったの?」
ホンギ「肉体の死だよ・・・それにしてもミニョク吸いすぎだぞ?俺殺されるかと思ったよ」
ミニョク「ごめんなさい・・・気付いたら離れられなかった」
ヨンファ「これからは店の仕事の他に俺達からの授業を受けて貰う・・・・・
 先ずは耐える事を学んで貰わなくちゃな?」
JS「解った・・・・ねぇ?ヨンファ・・・聞きたい事が有るんだけど?」
ヨンファ「なんだ?」
JS「僕も起きた時、瞳紅く光った?」
ホンギ「どうだろうな?俺達は側に居なかったから・・・・」
ミニョク「光ったよ・・・ほんの一瞬だったけど」
ヨンファ「何でそんな事聞くんだ?」
JS「昨日見た夢で僕の瞳が紅く光った姿を見たんだ・・・なんだかその姿が怖かったから・・・・」

そう言って見た夢の内容を話した

ホンギ「それはきっと・・・意識の死みたいな事なんじゃないのかな?
 俺達は望んでヴァンパイヤになったから、肉体の死と共に意識的にその事を受け入れた
 でもジョンシンは起きたらヴァンパイヤになってただろ?だからまだ意識が追い付いてないんだろうな?」


・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



 ジェジと共にクラブの仕事を覚える為にミニョクとジョンシンは一生懸命働いた

どなきちの方は、傷が治りきっていないからと嘘を付きなんとか今の所はバレてない・・・・・と思う

 何度となくジョンシンの部屋に潜入を試みている様だが、階段を上ろうとするとジョンヒョンやジェジンに見付かり連れ戻された

 ミニョクとジョンシンがクラブの仕事を始めて1ヶ月が経ったある日


閉店作業を終え、テーブルに突っ伏したジェジン

ジェジ「もういい加減疲れたよ?最近じゃ僕を見るどなきちさんの目が怖いんだけど・・・」
JH「はぁ~・・・どなきちさんに本当の事言うしかないか・・・
 ジェジ今日は店行かないで良いのか?」
ジェジ「今日は店休みだよ・・・・」
JH「だって・・・2人出掛けただろ?」
ジェジ「今日はヨンファとホンギの授業だって・・・
 2人はヴァンパイヤについてのある程度の知識は有るけど、最初の頃は欲望が強すぎて危ないからって・・・」
JH「アイツ等も生きていくの大変だな?」
ジェジ「僕達よりはましなんじゃない?」
JH「それもそうだな?・・・・」
 
「「はぁ~・・・・・・」」

ジェジ「とりあえず、新しいバイト探さなくちゃね・・・」
JH「だな?・・・・・・」
ど「私辞めませんよ?kkk・・・じゃっ、お疲れ様でーす♪」
JH・ジェジ「「お疲れさまぁ・・・・・」」
ジェジ「まだ帰って無かったんだ・・・」
JH「でも辞めないって・・・良かった・・・のか?」
ジェジ「さぁ?・・・僕も帰るよ、お疲れ♪」






∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


最後まで読んでいただき、ありがとうございます
もし宜しかったらポチッとお願いします

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




  1. BLUE MOON
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


comment

Re: タイトルなし

  1. 2012/09/11(火) 01:47:33 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]

どなきっちゃん、コメありがとう(*≧∀≦*)

とうとうヴァンパイヤになっちゃったよ・・・
ヨンファとホンギの時に書き忘れた、肉体の死をここで思い出して書いちゃった♪(・┰・)

こんだけ苦しんだんだから(何処が?って言わないでね?)、辛い事にあっても一緒に乗り越えていけるよね?

ジョンシンはヴァンパイヤになった事を受け入れてはいたんだけど、意識の奥底では受け入れて無かったんだろうね?

ククク・・・・ジョンヒョンとジェジンの邪魔にも負けず頑張って♪(笑)
 

> きっと周りから見ればカンペキアブナい人。でもいいんだも〜ん(笑)
> 出来ればジョンシンとみにょたんに最新作のお願いをしたいと思います(爆)

あはは(笑)オイラはいつも危ない人とお店の仲間に思われてる(爆)
最新作は・・・・とうぶん届かないと・・・・(汗)
どなきっちゃんのセンイルにでも・・・と言ってもどなきっちゃんのセンイル知らないけど←

  1. 2012/09/11(火) 00:52:20 |
  2. URL |
  3. どな・きち
  4. [ edit ]
とうとうみにょたんもヴァンパイアになっちゃったね。ジョンシンと一緒にいたいっていう理由で選択した事だけど。これから先、どんな辛い事も二人でならやっていけるって思ったのかな。明日も分からない世界で、お互いだけを生きてく支えにするんだろうね。

やっぱりジョンシンはまだ受け止め切れてなかったんだね。肉体は死んでも、意識はまだ人間として残ってたって事なのかな。愛するみにょたんが自分と同じヴァンパイアになった今、意識も少しは変わるかな。

どんなにジェジとジョンヒョンに邪魔されたって、どなきち負けないもんっ!
絶対ジョンシンの部屋に入り込んでやるんだからっ!(笑)
そしてその為にはお店辞める訳にはいかないのよ〜。GPSをみにょたんの大事な所に付けたし、準備は出来てるんだけど(笑)え?どこかって?そりゃあアレよ、アレ(爆)やっぱり大きな声じゃ言えないわ〜www


あんちゃん、ソンムルありがとう♡
今日もまた開いては一人ぐふぐふ喜んでおります(笑)
きっと周りから見ればカンペキアブナい人。でもいいんだも〜ん(笑)
出来ればジョンシンとみにょたんに最新作のお願いをしたいと思います(爆)

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.