FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

FACE 46


区別出来るように

俺・・・・ヨンファ、ホンギ
オレ・・・ジョンヒョン
おれ・・・ジョンシン
僕・・・・ミニョク


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



ミ・JS「「チッ・・・バレたか・・・」」
JH「ミニョクとジョンシン?上手い事話を反らせたつもりだろうけどバレてるぞ?」
ミ「ヒョニひょん・・・」
JS「最近良い感じみたいだから・・・すみません、ジョンヒョニひょん」

上手く話を反らしたと思ったのに・・・
やっぱりジョンヒョニひょんの方が一枚上手だった

ミ「僕達の事は聞いたところで、面白くないって・・・」
JS「そうですよ・・・いつものおれ達のままですから
聞いたところでそれだけ?って感じですよ?」
ヨ「じゃあ告白はどっちから?」
JS「告白ですか?・・・元々おれはミニョクに気持ちがバレてたし・・・ミニョクはミニョクの気持ちに気付いて無いだけだったんで・・・」
ホ「んじゃ・・・ミニョクが自分の気持ちに気付いたのは?」
ミ「それは・・・ヌナとジョンシンが手を繋いでカフェに居た時・・・」

ミニョクの言葉にヨンファひょんとホンギひょんの目が厳しくなってきた・・・

ホ「はぁ?ジョンシンまでヌナかよ?」
JS「ち、違いますよ!さっき言ったジョンヒョニひょんの事が好きなヌナですよ!
ヌナがジョンヒョニひょんともっと仲良くなりたいって言われたから“頑張って”って言っただけですよ・・・」
ヨ「でも手は握ったんだろ?ジョンシン」
ミ「しかも微笑みながらね・・・」

ボソッと呟く様に発した言葉に睨み出すひょん達

JS「ミニョク・・・それは解決したじゃん!
ミニョクに向ける笑顔とヌナに向けるのは違うって」
ホ「でも微笑みながら手を握ったんだろ?
んで?ミニョクはどう思ったんだ?」
ミ「えぇ・・・僕だけに向けられてた笑顔がヌナに向けるのは嫌だって思って・・・こんな事想うのは僕はジョンシンの事が好きなんだって・・・」
ヨ「気付いた訳ね・・・」
ホ「んで?もうヤったのか?」
ミ・JS「「//////・・・・・・・・・」」
JH「ふーん・・・」
ヨ「まぁ年がら年中泊まってればそうなるか?」
ホ「だな?(*´艸`*)」
JH「んじゃ、ジョンシンにはオレとヌナに感謝して貰わなくちゃな?
なんたってミニョクと心だけでなく体も繋がったんだから・・・www」


顔を真っ赤にしたおれとミニョクをからかい大爆笑のひょん達
絶対に言えない・・・告白されてすぐに押し倒したなんて!?
言ったら最後どんだけからかわれる事か

それからひょん達はコンビニに買い物に行き大量の酒とツマミを買ってきて朝までどんちゃん騒ぎ・・・

翌朝バイトのおれの事など気にせずに・・・
しかも、今日はバイク便の仕事なのに・・・事故ったらひょん達のせいですからね!?


こうして夏休みの1ヵ月半楽しく過ごした・・・

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


最後まで読んでいただき、ありがとうございます
もし宜しかったらポチッとお願いします

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




  1. FACE
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


comment

Re: タイトルなし

  1. 2012/08/07(火) 01:37:26 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
どなきっちゃん、コメありがとう(*≧∀≦*)

やっぱりイジられちゃったよ・・・
これでどなきっちゃんもホンギに怒られないから、大丈夫だね?(*´艸`*)


> ってか、『もうヤッたのか?』ってホンギ・・・。
> そんな事いっちゃあ身も蓋もありゃしない。
> まあ。このマンネは可愛いから、からかいがいはあるけどね〜。

ホ「いや・・・そこが気になる所だろ?wwwからかうにしても1番だしな♪(*´艸`*)
じゃあ、どなきちヌナは気にならないのか?ジョンシンとミニョクがヤったかどうか・・・どなきちヌナだって気になったはずだろ?(*´艸`*)」


> あら?押し倒した事言えないの?じゃあ、ヌナが言ってあげようか?(ドSなもんで。笑)
> 『え〜、ご町内の皆様〜!こちらのジョンシンくんは〜・・・』ムグっ・・・。
> ふえ〜、みにょたんに口、ふさがれちゃったよ〜(爆)

JS「ミニョク、グッジョブ!!( ̄▽ ̄)bどなきちヌナ?ダメでしょ?今度みんなの飲み会に招待するから・・・っね?この事はおれ達3人の秘密だよ?」
あ「ぅん?・・・今内緒がどうのって聞こえたけど?何の話?」
JS「ん?・・・どなきちヌナに家の場所は内緒にしてって言っただけだよ?あんヌナもダメだからね?」
あ「う~ん・・・わかったよ・・・ジョンシンの頼みとあっちゃ厳重に口にチャックしとくよ♪」


> そんでもって、なあんでその酒盛りの場にどなきちを呼ばないかなあ?
> そのメンバーならいつだってOKなのにい。ねえ、あんちゃん?


酒盛り・・・そういえば、呼ばれてない(>_<)
あ「どういう事?次の飲み会に呼びなさいよね!?」
全「「「「「はい・・・・・・喜んでお呼びします(棒読み)」」」」」

  1. 2012/08/07(火) 00:00:25 |
  2. URL |
  3. どな・きち
  4. [ edit ]
やっぱりひょん達にイジられちゃったね〜。でもまあ、心配してくれてたのもひょん達だから諦めなって。(実はホンギが怖いどなきち。www)


ってか、『もうヤッたのか?』ってホンギ・・・。
そんな事いっちゃあ身も蓋もありゃしない。
まあ。このマンネは可愛いから、からかいがいはあるけどね〜。


あら?押し倒した事言えないの?じゃあ、ヌナが言ってあげようか?(ドSなもんで。笑)
『え〜、ご町内の皆様〜!こちらのジョンシンくんは〜・・・』ムグっ・・・。
ふえ〜、みにょたんに口、ふさがれちゃったよ〜(爆)


そんでもって、なあんでその酒盛りの場にどなきちを呼ばないかなあ?
そのメンバーならいつだってOKなのにい。ねえ、あんちゃん?

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.