FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

FACE 44

区別出来るように


おれ・・・ジョンシン
僕・・・・ミニョク


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


「明日の夕方のニュース見てくれ」

夏も終わりに近付いたある日の夜、ミニョクとイチャイチャしている所にヨンファひょんから電話が有った

「ジョンシン?どうしたの?誰からだったの?」
「うん?・・・ヨンファひょんから・・・」
「ふーん・・・何だって?」
「明日の夕方のニュースを見ろだって、何だろう?」
「何だろうね?インタビューでも受けたのかな?ホンギひょんも一緒だったのかな?
ヨンファひょんの後ろで騒いでたりして」
「ハハハ・・・さすがにホンギひょんもそこまで子供みたいにはやらないんじゃない?」
「わかんないよ?ホンギひょんだもん!
水族館の時のホンギひょん見たでしょ?」
「あぁ~・・・そう言えばあの時子供に混じって一緒に水浴びてたね♪」


二人はあの時のホンギひょんを思い出して、クスクスと笑いながら夜遅くまで話していた


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


翌日


バイトに行くおれと家に帰るミニョクは駅で別れた


今日はカフェのバイトだったが、さすが夏休みなだけ有ってお店は混雑していた

お昼の混雑も終わり、遅い昼飯を食べている時にケータイが震えた
登録されてない番号が表示されてて不審に思ったがそのままにするのもおかしいかと出ることに


「はい・・・・・」
『もしもし?・・・ジョンシンさんのケータイでよろしいでしょうか?』
「はい・・・」
『イヒョンです!』
「えっ?・・・イヒョン?・・・あぁ~ミニョクの幼馴染みの?」
『私この前言いましたよね?オッパは私のだって!オッパを返して!』
「返してって言われても・・・ミニョクは物じゃないでしょ?
心を持った人間なんだから、ミニョク自身が考えて行動していると思うんだけど?」
『そんな事は解ってます!そういう事じゃ無くって!オッパをあなたから解放してくれって言ってるの!オッパ昨日もあなたの家に泊まったんでしょ?オッパを家に帰らしてよ!オッパそこに居るんでしょ?オッパを出してよ!』
「はっ?ミニョクなら朝早く帰ったけど?
おれ今バイト中なんだけど?」
『えっ?・・・オッパもう家に帰ってるの?そう・・・わかった』

そう言うとさっさと切れてしまった
首を傾げながらケータイを見ていると、時間差で休憩を取るためにヌナが入ってきた


「どうしたの?」
「あっ、ヌナ・・・いや~クラスメイトの幼馴染みの娘から電話がきて・・・家に帰らせろ!って」
「クラスメイト?・・・ミニョクくんの事?」
「はい・・・・ってなんでミニョクを知ってるんですか?」
「えっ?そんなのジョンヒョンくんに聞いたからに決まってるでしょ?
周りが勘違いする位にベッタリで、よくジョンシンくんの家に泊まりに来てるって」
「///ひょんがそんな事を?・・・はぁ~余計な事を・・・」
「まぁ良いじゃないの♪んで?その娘はミニョクくんが好きなの?」
「はい・・・今も“オッパは私の!!”って言われましたから」
「アハハ・・・好きな人が友達と遊び回ってるのが嫌なんだ・・・」
「そうでしょうね・・・(ほんとは好きな人をナムジャに取られたくないからだろうけど)ミニョクは朝早く帰ったって言ったら速攻切られましたし・・・」
「じゃあ今頃オッパ~♪って家に遊びに行ってるだろうね?」
「はぁ・・・でしょうね・・・」

ヌナの言葉に少しイラッとするがそんな事をおくびにも見せないジョンシンは話題を変える事に


「そう言えばひょんとはどうなったんですか?まぁおれとミニョクの話をしてるって事は良い感じですか?(*´艸`*)」
「////んなわけないでしょ!変わらずお友達止まりよ!?ハァ~なんか自信無くしちゃうわよ・・・」
「そうですか?おれが思うに一歩前進していると思いますけど?
ヌナよく考えて見てください?
以前はひょん、ヌナにおれ達の事話さなかったと思いますけど?
どっちかと言えば、ひょんは言っちゃ悪いですけどその場かぎりでメンバーの話とかしない方じゃないですか?」
「そうかもね・・・多少話すことは有ったけど深くは話さなかったと思う・・・」
「ね?他のヌナよりはひょんも心を開いてるんだって思いますよ?」
「そうだね?ジョンシンくんありがとう(*≧∀≦*)」
「いいえ♪んじゃ、おれは仕事に行きますね♪」
「ファイティ~ン♪」


夕方バイトが終わると、ヨンファひょんが言っていたニュースをケータイで観ながら家に向かっていた

途中で家に着き、家のテレビで観ていると
“特集です”とアナウンサーが言うとよく知る場所が映った

「ヨンファひょんが言っていたのはこの事なのかな?」

良いタイミングでヨンファひょんから電話が掛かってきた




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


最後まで読んでいただき、ありがとうございます
もし宜しかったらポチッとお願いします

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




  1. FACE
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


comment

Re: タイトルなし

  1. 2012/08/05(日) 01:05:04 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
どなきっちゃん、コメありがとう(*≧∀≦*)

ジョンシンとミニョクはラブラブ真っ盛りだよ♪と言ってもミニョクが気持ちに気付いて無いだけだったんで前から二人はラブラブなんだけどね(*´艸`*)

前回の話で終わらせて、他の話を書こうかと思ったんだけど・・・
イヒョンの事も詐欺の事もなんも解決してなかったって事に気付いて・・・
急いで書きました・・・
ちなみにイヒョンは付き合ってるのは知らないです←

何だかんだで、イヒョンは素直に付き合って無いって事を信じたんじゃないかな♪(*´艸`*)
あの時はミニョクも自分の気持ちに気付いて無かったから
全力で否定しただろうし・・・気持ちに気付いてからも自分から付き合い始めた何て言えないだろうしね?


> 今のあのジョンシンの腕だったら死ぬかも(格闘家疑惑のサジン、あったよね?)

有ったね・・・でも次の日にアップされたサジンは細かったからたぶんそう見える様に撮ったんだろうね?www


ジョンヒョンは言葉少なめなイメージが有るから、ヌナに心開き始めてきたと思う♪(*´艸`*)

夕方のニュースは明日かな?待っててね♪(*≧∀≦*)


> しかも今日は広島!隣なのに〜、ジョンシンがいるのに〜って一日言い続けたさ。
> 「come on」聞きながら我慢したけど。

オイラも横浜の時に下の子供の三者面談をしながら、ヨンファとジョンシンが・・・
って思っていたから解るよ♪しかも気になりすぎて何言われたのか9割忘れた_| ̄|○

  1. 2012/08/04(土) 23:30:16 |
  2. URL |
  3. どな・きち
  4. [ edit ]
ジョンシンとみにょたん、ラブラブ真っ盛り!ってカンジ。
相変わらずお泊まりしてんのね〜。羨ましいぞっ!やっぱり合鍵・・・(まだ言ってるか?笑)


イヒョンちゃん、頑張ってるね〜。みにょたんはとっくにジョンシンの恋人だって言うのに。でもまあ分からんでもないけど。
でもみにょたんっ!みにょたんにはジョンシンがいるんだから!ヌナがみにょたんを見込んで許可したんだからっ!(どんだけ上から目線なんだ?www)
浮気したら・・・。殴るか?いや、どなきちがジョンシンもらっちゃうもんね〜♡


でも多分みにょたん殴ったら、どなきちがジョンシンにぶっ飛ばされる(爆)
今のあのジョンシンの腕だったら死ぬかも(格闘家疑惑のサジン、あったよね?)


ひょんもヌナとなかなかいい雰囲気。ジョンヒョンは口数少ないけど、心を開いたらすごく大事にしてくれるだろうしね。


気になるのは『夕方のニュース』  一体どんな事があるんだろう?
続きが楽しみだわ〜。


こっちもお話の更新ありがとう♡
カレンダー見ながら、指折り数えて待ってたよ〜ん。
またお付き合い、よろしくです。


最近はサイン会で、ヨンファがあんまりにもジョンシンとベッタリ過ぎて、とうとうグレー疑惑まで出て来たよ(汗)
まあ、手握ったり、ハグしたり、お尻触ったりしてりゃ出て不思議はないけど。みにょたんの事を思うと、どなきち涙が出るぜえ(スギちゃんか?笑)


しかも今日は広島!隣なのに〜、ジョンシンがいるのに〜って一日言い続けたさ。
「come on」聞きながら我慢したけど。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.