FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

FACE 19

区別できるように分けます

俺・・・・ヨンファ
オレ・・・ジョンヒョン
おれ・・・ジョンシン

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


翌日

朝コンビニに行って、パンとバイト情報誌を買い戻ると
ミニョクがドアに凭れ掛かって、ボーと佇んでいた

「ミニョク♪早いね?どうかした?」
「あっジョンシン♪何処行ってたの?」
「ちょっとコンビニ?」
「よかった♪またどっかに行っちゃったのかと思ったよ」
「・・・・・・・・・まだ朝食べてないんだ、コーヒー入れるから入って?」


家に入るとすぐにミニョクは今では定位置となるクッションに座る
ジョンシンはコンビニの袋をベットに置くとキッチンにコーヒーを入れに行く

なにげにミニョクはコンビニの袋を見ると
バイト情報誌が入っていた
テーブルにコーヒーを置かれるとジョンシンの方を向き

「ありがとう♪」
「ううん・・・ミニョクは食べた?」
「うん、気にせずに食べて?」
「あぁ・・・うん・・・・」

ジョンシンが食べてるのを見ながらコーヒーを飲んでいると、ほっこりする
自分でも何でそう思うのかは解らない

「どうしたの?おれに何か付いてる?」
「えっ?・・ううん・・・あっそうだ!ジョンシン、バイト探してるの?」
「えっ?な、何で?」
「だって、それ・・・・」

そう言って袋を指差す
ハッとしてパッと隠すジョンシンを見たミニョクは

「何で隠すの?・・・また消えるなんて考えてないよね?」
「えっ?・・・イヤ・・・そ、そんな事はないけど・・・・」
「消えたら、僕許さないからね!」
「あっうん・・・ちょっとお金がないっていうのが恥ずかしいっていうか・・・・」
「何でないの?この前まで働いてたよね?」
「そうだけど・・・おれは生活費を稼がないといけないし・・・」
「あっ、そうだよね・・・ごめん・・・
次は何するのか決まってるの?」
「う~ん・・・まだ・・・とにかく時給が良いとこで、休みをとってもうるさくない所かな?」
「そんな所有るの~♪」
「ないだろうなぁ・・・ガク」
「じゃあダメじゃん!」

“あははは”と笑い合う
そこからは、一緒にバイト情報誌を見ながら“こっちは?”“これもいいよね?”なんて言いながら時間をすごす


お昼前に家を出ると、途中でコンビニに寄ってジュースや食べ物を買って部室に

「おっはよ~♪ヒョニひょんが1番だね?
さすがヒョニひょん♪」
「なんだそれ?ところで、ミニョクは昨日の答えは出たのか?」
「ううん・・・やっぱり解んないまま
でも僕ヨンファひょんに話してみるよ♪」
「???何の話?」
「あっジョンシンにも有るから練習終わっても帰らないでよ?」
「えっ?・・・うん・・・わかった」

各々自分の位置につき準備しながら、ヨンファを待っていた
その時、ジョンヒョンのケータイが鳴った

「どうした?後はお前が来れば練習出来んだけど?・・・わかった、気を付けて来いよ?待ってるから」
「ヨンファひょん?」
「あぁ・・・少し遅れるって」
「具合が悪いの?まさか寝坊っていう事は無いでしょ?」
「まぁ、ある意味どっちもだろうな?ククク」
「何それ?」
「ホンギひょんですか?」
「あぁ・・・」
「おれのせいですよね・・・」
「「・・・・・・・・・・・・・・・」」
「ほら、練習しよう!
僕昨日あれから練習したから、もうミス無しでいけると思うんだ♪」


練習を始めて数時間経った頃
部室のドアが開く音に、3人はドアを見た

「悪りぃな・・・遅れた。」
「全然そんな事思ってないだろ?」
「アハハ・・・バレた?」
「バレバレだっつぅの」

“アハハ”と笑い合う3人
あいかわらずジョンシンが会話に入ることはないが離れた場所で、クスクス笑っている

「そんじゃ、練習しようぜ?」

そう言いながら、ヨンファはチューニングをしながら自分の位置についた

ミニョクのカウントと共に演奏が始まる
4人の・・・イヤ、ヨンファとジョンシンのわずかな距離も感じさせない位に良い音が流れていた



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


最後まで読んでいただき、ありがとうございます
もし宜しかったらポチッとお願いします

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




  1. FACE
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


comment

Re: 教えましょう

  1. 2012/06/19(火) 23:16:43 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
どなきっちゃん、コメありがとう(*≧∀≦*)

ミ「ヌナ?・・・僕恋しているの?またまたぁ~僕の事からかってるんでしょ?
そうだよね?・・・・チラッあんヌナも頷いてるからそういう事にしておくね?また明日ね?おやすみ♪」

ジョンシン練習中は辛いから、それ以外の所でほんわかさせてみました♪
ジョンシンとミニョクはこれからもきっとほんわかな時間を過ごせるといいんだけどね・・・
っていうか、過ごさせる!私が!

音楽的にはヨンファとジョンシンの距離は縮まってるんだけどね・・・
練習後のミニョクの話で気持ちも縮まれば良いなと思います・・・

明日、思わぬ人の過去が!・・・お楽しみに♪( *^艸^)

教えましょう

  1. 2012/06/19(火) 22:58:59 |
  2. URL |
  3. どな・きち
  4. [ edit ]
もうみにょたんたらあ。ジョンシン見てほっこりするなんて可愛いんだから♡
何でそう思うのか、本当に分かんないの?

よし、どなきちヌナが教えてあげましょう。

それは『恋』だよお〜!!(笑)


ジョンシンにとってはミニョクと過ごす、幸せな時間だったよね。
これからずっと同じ時間を共有できたらいいなあ。

ヨンファとジョンシンも、少しずつでもいいから距離が縮まるといいんだけど。

Re: まったり?

  1. 2012/06/19(火) 22:58:11 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
えりちゃん、コメありがとう(*≧∀≦*)

練習中はジョンシン辛いから、そこ以外にほんわかさせてみました♪( *^艸^)
ヨンファもジョンシンのベースは認めてるんだろうね?
練習に来ることは拒否して無いから・・・
っていうか、私が許さないって話も有るけど( *^艸^)


> ミニョクの話次第では完全には無理でも少しは よくなるかな?

そうだね・・・ミニョクの話と思わぬ人の発言で・・・
あぶない×2・・・明日をお楽しみに♪

まったり?

  1. 2012/06/19(火) 22:40:45 |
  2. URL |
  3. えりい
  4. [ edit ]
ミニョクとジョンシンの間にながれる空気にいい感じになってるね~♪

ヨンファもジョンシンのことバンドのメンバーとしては拒否してないよね。

ミニョクの話次第では完全には無理でも少しは
よくなるかな?

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.