FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

FACE 5

3人も俺と言ってるので、区別できるように分けます

俺・・・ヨンファ
オレ・・・ジョンヒョン
おれ・・・ジョンシン
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

保健室を出ると、ジョンヒョンとミニョクが駆け付けて来た

「ジョンシン大丈夫?ひょん誰がこんな事を?」
「チャラサッカー部」
「アイツ等か・・・いつもオレ達に突っかかってくる
アイツ等には、きちんと話を着けないとな・・・」
「止めてください!おれは、大丈夫ですから」
「そういう訳には・・・」
「とりあえず帰りませんか?良かったらうちに来てくれても良いですよ?」
「うん♪行く!楽しみだな~♪」


学校から5分程のアパートの一室

「一人暮らしなんで散らかってますけど」
「「「お邪魔しま~す」」」

脱いだ服を片付けたり、ゴミを軽く集めると小さなテーブルの周りに座るよう促した
ヨンファの隣はミニョクが当たり前の隣様に座った

「何にもないので、お茶でも良いですか?」
「お構い無く~♪」
「ジョンシン、座れよ・・・飲み物位は俺達で出すから」
「じゃあ飲みたい方は冷蔵庫に入ってますので」

座るだけで顔を歪める

「もういい加減に教えてくれないか?
俺が見たところジョンシンは決して弱い訳じゃないだろ?」
「まぁ・・・・それなりに場数は踏んでると思いますけど」
「だよな?じゃあなんでアイツ等相手にそんな事になってるんだ?
オレ達程で無くてもそんな事にはならないだろ?」
「そうですね・・・これは転校の原因になった事なんですが・・・・」


∝∝∝∝∝∝∝∝∝

ある日、帰ろうとして校庭を眺めながら歩いていた

校庭の片隅で、親友のジェヒョンがあまり良い噂を聞かない奴等に絡まれていた
ジョンシンは、胸騒ぎがしてジェヒョンの元に駆け付けた


「オイッ、何してるんだ!」
「ジョンシン、来るな!俺は大丈夫だ!」
「なんだって良いだろ?さっさと帰れ!」

シッシッと手を振って、こっちを見ずにいた
ジェヒョンから離そうと、間に割り込み突き飛ばす

ドンッ・・・ガラガラガラ、ガッシャン

押された拍子に、後ろに積まれていた鉄パイプに激突
仲間達が助け起こそうと近寄ると、グッタリしていた

「ヤバイ!!オイッ救急車を呼べ!!」

ピーポー・・・ピーポー・・・ピーポー

次の日、学校に行くと担任が職員室に来いとジョンシンとジェヒョンを呼び出した

「昨日の事件についてなんだが・・・何が有った?」
「昨日、アイツ等にぶつかってしまって、アイツ等に因縁つけられて困ってる時にジョンシンが来て
アイツと俺の間に入って突き飛ばしました」
「うん、ジョンシンは?」
「昨日帰ろうと思ったら、ジェヒョンがアイツ等に絡まれていたので助けに行って
ジェヒョンから離れてもらおうと押したら鉄パイプの所に倒れました」
「なるほどな・・・まぁ見ていたヤツがたくさん居るしそいつ等も同じ様な事言ってたしそんな所だろうな
ただ、問題はアイツの状態なんだよな・・・」
「「えっ?・・・・」」

ジョンシンとジェヒョンは顔を見合わせる

「今の所、意識不明だ。まぁ打ち所が悪かったって事だろうな」
「警察には?」
「とりあえず、みんなの言い分を報告書にまとめて提出した後でどうするか考えるそうだ
警察の方針が決まるまでお前等は停学だ
まっ、大方事故で片付くだろうからテストには間に合うだろ?今日は帰って良いぞ」
「「失礼しました」」

数日後、警察は事故と判断したが
アイツの親が自分の息子の事を棚に上げてジョンシンに処分を求めた

現実を認めたく無いのだろう、ジョンシンに当たっていたが
ジョンシンを悪く言う人は居ないが
“このままでは、裁判でもおこされると就職の時に面倒だから”と両親に説得され転校する事にした




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


最後まで読んでいただき、ありがとうございます
もし宜しかったらポチッとお願いします

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




  1. FACE
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

« FACE 6 | BLOG TOP | FACE 4 »

comment

Re:zakyeeeeeしゃん

  1. 2012/06/06(水) 00:11:58 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
コメありがとう(*≧∀≦*)

ジョンシンは潔く事実を受け止めた結果が
何が有ろうとも手を出さないっていう事に・・・

でもそれについてヨンファ達黙っていられるのかが
明日のテーマですよ♪( *^艸^)

“さっけ~さん、おれの潔さを好きと言ってくれてありがとう♪
これからもおれ達を始めあんヌナをヨロシクね?”Byジョンシン

  1. 2012/06/05(火) 23:54:27 |
  2. URL |
  3. zakyeeeee
  4. [ edit ]
少しずつ詳細が分かってきましたねぁ〜♪
ジョンシンの優しさというか、潔さ的なものがすごく好きです!
言い訳をせず、ちゃんと物事を受け止めてるところが・・・

Re: どなきっちゃん

  1. 2012/06/05(火) 23:40:32 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
コメありがとう(*≧∀≦*)

早速食い付いたね?( *^艸^)

そうだよ!ジョンシンは学校から5分の所に住んでるんだって♪(*≧∀≦*)

そうそう、ヨンファの隣はミニョクで
ジョンシンの両隣は私とどなきっちゃんに決まりだね♪(*≧∀≦*)

> お友達をかばって、助けたジョンシンが処分なんてあんまりだ〜!
> そういうパボな親って、どこの世界にもいるのよね。

う~ん・・・学校も周りもジョンシンには好意的なんだろうけど
怪我したヤツの親の方は誰かのせいにしないとやってられなかったんだと思うんだ

> こういうことがあったから、ジョンシンはやられても手を出さなかったんだね。

そうだね・・・ジョンシンは手を出す事によって
相手に思いもよらない事が起きると学習したんだろうね?

Re: えりちゃん

  1. 2012/06/05(火) 23:27:26 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
コメありがとう(*≧∀≦*)

はい、ジョンシンが転校した理由がこんな事だったんです
ヒントとして1話には書いたんですけどね

ジョンシン、手を出すとまた相手を怪我させてしまうと思ったんだと・・・

明洞高校に来て、結果的には良かったんだろうね♪

良い仲間に出会えた事だし♪(*≧∀≦*)

  1. 2012/06/05(火) 22:23:07 |
  2. URL |
  3. どな・きち
  4. [ edit ]
そっか、学校から5分くらいの所に一人で住んでるのね、ぐふふ。早速お邪魔しにいかなきゃね(笑)

ミニョクは当たり前のようにヨンファのお隣なのね。じゃあ、どなきちは当たり前のようにジョンシンのお隣で(笑)

お友達をかばって、助けたジョンシンが処分なんてあんまりだ〜!
そういうパボな親って、どこの世界にもいるのよね。

こういうことがあったから、ジョンシンはやられても手を出さなかったんだね。

  1. 2012/06/05(火) 22:16:02 |
  2. URL |
  3. えりい
  4. [ edit ]
なるほどね~。だから転校してきたのか。

それにやられても手をださなかったんだね。

まあ、ここでいい仲間ができて良かったよ。




 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


« FACE 6 | BLOG_TOP | FACE 4 »

プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.