FC2ブログ

EXO、ヨンギ、ビッポのBLを書いてます。

あんとんのお話

FACE 4

3人も俺と言ってるので、区別できるように分けます

俺・・・ヨンファ
オレ・・・ジョンヒョン
おれ・・・ジョンシン
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ある部室

「この間の軽音部とつるんでるヤツ
見た目は怖いけど、やっぱりアイツ手出せない様なヤツだったな?」
「あははは、ほんとだよ!アイツずっと蹴られ続けてたもんな
軽音部のヤツ等には出来ないからなぁ~」
「アイツ等に手出してみろよ!俺達の命が無いだろ?」
「特にヨンファとジョンヒョンは怖いからなぁ・・・
ミニョクが絡むと特に怖いからな?」
「今の所俺達にアイツ等が何も言って来ないって事はアイツは何も言ってないって事か?」
「言えないんじゃねえの?反撃出来なかった何て恥ずかしくて♪」
「だよなぁ?俺だって恥ずかしいって思うもんよ」


それからというもの、ジョンシンの姿を見ると連れ去るようになった
両脇をガッシリと捕まれ、殴る蹴るの暴行痛みに耐えるようにグッと拳を握るが、何をされても動く事もない・・・



最近は軽音部にも顔を出す様にはなったが
日に日に増える顔や体のキズ達、何度もミニョク達は聞き出そうとするが
一切その事については口を開こうとしない

「ねぇ?このバンドってベース居ないの?」
「あぁ、そうなんだよ!俺もジョンヒョンもギタリスト目指してるし、ミニョクはドラムが良いって
誰もやるヤツが居なくて困ってはいたんだよ」
「ライブの時はオレ達の知り合いの誰かに頼むか、ベース抜きでやるかなんだよ」
「おれやろうかなぁ?でも、ベース持ってないからすぐには無理だけど」
「そうか?じゃあ知り合いに当たってみるよ♪とりあえずは中古でも良いよな?」
「ヨンファひょんヨロシクお願いします」
「僕だって探すよ!」
「オレも」
「ありがとうございます」
「まずは、練習しようぜ?ライブも近いし」

練習はさすがと思う位に上手い、ミニョクのリズムにひょん達がメロディーを乗せて
そこに、ヨンファひょんとジョンヒョニひょんの声が合わさって
男でも惚れてしまいそうだった


数日後

放課後、ヨンファはベースを安く手に入れられると早くジョンシンに教えてあげたくて
学校中を捜していた

遠くの方でジョンシンが数人に捕まって裏に連れていかれる所を目撃する

「アイツ等は確か・・・ただ単にモテたいからってだけのサッカー部
何で、ジョンシンと一緒なんだ?」

ジョンシン達が消えた方に歩いていくと
ボコボコに殴られてるジョンシンの姿が有った

「オイッ、うちの後輩に何してくれてんだよ?」
「ゲッ!?よりにもよってヨンファかよ・・・」
「でも、一対四だから勝ち目有るかもよ?」

小声で話す4人は近付いてくるヨンファに

「あぁん?何か用かよ?俺達は遊んでるだけだろ?なぁ?」
「・・・・・・・・・」

顔を背けるように俯くジョンシン

「ジョンシンは、違うみたいだな?行くぞジョンシン!」
「まだこっちは済んでないn」

バシッ“グエ”

一発で、伸してしまったヨンファを見つめ
残りの3人が一斉に向かってくるが
素早く避けて、腹パンを喰らわす

バタバタと倒れた4人を冷やかに見て
ジョンシンに駆け寄る

「大丈夫か?歩けるか?」
「はい・・・大丈夫です・・・」

動く度に顔を歪めるが保健室までたどり着き

「ヌナ居る?」
「なんなのよ・・・せっかく帰ろうと思ってたのに・・・
やだ、ジョンシンくんまたやられたの?いい加減やり返しなさいよね!綺麗な顔が台無しだよ?」
「ヌナ、ジョンシン頼んで良い?俺荷物取ってくるから」
「ハイハイ・・・いってら~♪廊下ははs・・・ってもう居ないし」

手早く、ジョンシンの傷の手当てをしていく
口の端にバンソコを貼ると、肩をおもいっきり叩き

「はい、終了!」
「痛って~」
「当たり前です!おもいっきり叩いたんだから!ウフッ」
「ヌナの悪魔・・・」
「うん?今何て言った?」
「えっ・・・あの・・・メ、女神の様だと・・・」
「それでよろしい!うんうん」

満足そうに頷いてると、ドアが開きヨンファが顔を出した

「ヌナ、ジョンシンの手当て終わった?」
「チッ・・・もう帰ってきやがった!・・・・・
終わったよ~♪後はヨロシクね~」

そう言ってカギを投げて、手をヒラヒラさせながら出ていった




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


最後まで読んでいただき、ありがとうございます
もし宜しかったらポチッとお願いします

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




  1. FACE
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]


comment

Re: えりちゃん

  1. 2012/06/04(月) 23:00:32 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
コメありがとう(*≧∀≦*)

うんうん(゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)
ヨンファかっこいいよね♪(*´-`)

> ジョンシンがベースはじめるんだね。
>
> これで、ちゃんと4人そろったね。

これでバンドが本格的に始動し始めるでしょう

> ところで、保健室のヌナはもしかしてあの謎のヌナなのかしら?

ギクッ・・・そ、そんな事はな、無いと思うよ・・・(( ̄_|壁

Re: どなきっちゃん

  1. 2012/06/04(月) 22:52:44 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
コメありがとう(*≧∀≦*)

そうなのよ~ヨンファいわく“チャラサッカー部”だそうですよ♪

コイツ等はただのヒガミだけで、見た目弱そうなジョンシンに手を出したんだけど

ヨンファがやっつけてくれましたよ♪( *^艸^)

> ってヨンファが私の代わりにやってくれたのねッ!もう神様、ヨンファさま〜!(爆)

“どなきちさんのその白魚の様な手が怪我する前に間に合って良かったよ”Byヨンファ

“ジョンシンの傷はヌナがちゃんと手当てしたらしいからどなきちさん安心してね?”Byミニョク

> あ、あんちゃん。昨日の添い寝のことだけど。
> 真ん中にジョンシンで、右にあんちゃん、左にどなきちでどうでしょう?(まだそこにこだわるか?爆)

wwwそれいい考えだわ!?私もどなきっちゃんも抱き付くだろうから
ジョンシンは寝れないだろうね♪( *^艸^)

この際、ジョンシンの若いエキスも頂いとこうかな?( *^艸^)ククク

  1. 2012/06/04(月) 22:48:15 |
  2. URL |
  3. えりい
  4. [ edit ]
くぅ~!やっぱりヨンはカッコいいね~。
うん。

ジョンシンがベースはじめるんだね。

これで、ちゃんと4人そろったね。

ところで、保健室のヌナはもしかしてあの謎のヌナなのかしら?

Re: ちゃぬしゃん

  1. 2012/06/04(月) 22:37:39 |
  2. URL |
  3. あんとん
  4. [ edit ]
コメありがとう(*≧∀≦*)

ジョンシンが手を出さないのには理由が・・・
理由については、明日判明します

もう大丈夫ですよ♪これ以上は傷は増えないと思います

  1. 2012/06/04(月) 22:29:44 |
  2. URL |
  3. どな・きち
  4. [ edit ]
私のジョンシンを殴ってたのはサッカー部の奴だったのねッ!
モテたいだと?ケッ!オトトイ来やがれッ!
オイッ、そこの4人!夜道には気を付けなよ。このどなきちがくらわしてやるっ!

ってヨンファが私の代わりにやってくれたのねッ!もう神様、ヨンファさま〜!(爆)

ジョンシンの女神のようなお顔に傷なんて・・・。あり得〜ん!
ヌナがちゅーして直してあげましょう!(よけい傷つくわ!って?笑)

あ、あんちゃん。昨日の添い寝のことだけど。
真ん中にジョンシンで、右にあんちゃん、左にどなきちでどうでしょう?(まだそこにこだわるか?爆)

  1. 2012/06/04(月) 22:09:07 |
  2. URL |
  3. ちゃぬ
  4. [ edit ]
なんでジョンシンは手出さないの?
なんか理由あるの?

きれいな顔と体にこれ以上アザを増やすのは止めてね(>_<)

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

あんとん

Author:あんとん
どうもあんとんです!
アメブロで書いていたお話のBLだけ引っ越しちゃいました
最近はレイチェン擬きを書いてます。ヨンギ、ビッポ過去作品順次当時の日付で
カテゴリーで探してください。

最新トラックバック

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.